セルコホーム ズーパラダイス八木山窓口 電話:022-229-0631

現在位置 ホーム > 総合案内 > 平成30年度 > 『キツネザルフェスティバル』を開催します

セルコホーム ズーパラダイス八木山案内窓口 電話:022-229-0631

更新日:2018年10月14日

ここから本文です。

『キツネザルフェスティバル』を開催します

ワオキツネザル

マダガスカルの固有種「ワオキツネザル」

10月27日は『世界キツネザルデー(World Lemur Day)』。

この日に合わせ、毎年10月最後の週末に、マダガスカルを中心とした世界各地の動物園等で『世界キツネザルフェスティバル』が開催され、絶滅が危惧されるキツネザル類について広く知ってもらおうと、さまざまな企画や行事を展開しています。

平成19年度からマダガスカルとの交流・連携を通じて積極的にワオキツネザルの保全や飼育・繁殖に取り組んできた当園でも『キツネザルフェスティバル』を開催します。

樹上でも地上でも自在に活動する驚異の跳躍力、ふさふさで長~い縞々しっぽ・・・ワオキツネザルを間近に観察しながら楽しく学べるこの機会に、ぜひご来園ください。

 

開催日時と場所

日時 平成30年10月27日(土曜日)午後1時30分から

場所 類人猿舎 ワオキツネザル展示場前

※雨天開催(荒天中止)。

 

内容

当園で飼育しているワオキツネザルを間近で観察しながら、クイズや飼育員のお話などを通じて、その特徴や生態、生息地の現状などについて楽しく学びます。

 

参加方法

事前申込不要、直接会場へ

※入園料が必要です。
※天候や動物の体調などにより、中止もしくは内容を変更することがあります。

 

『世界キツネザルの日(World Lemur Day)』と『世界キツネザルフェスティバル(World Lemur Festival)』

絶滅の危機に瀕しているキツネザルの現状や保護・保全について知ってもらうことを目的として、2014年にLemur Conservation networkが『世界キツネザルの日(World Lemur Day)』を提唱。
さらに、その日を含む毎年10月最後の週末をフェスティバル期間として、上記ネットワークに参加している世界各地の動物園や保護団体などが、さまざまな啓発イベントを展開しています。

 世界キツネザルフェスティバル公式ロゴ世界キツネザルデー2018の公式ロゴ

 

【参考】ワオキツネザルについて

現在当園では、9頭のワオキツネザル(オス5頭、メス4頭)を飼育しています。

ワオキツネザル
【IUCN Red List(2014)EN(絶滅危惧種)】
英名:Ring-tailed Lemur
学名:Lemur catta
分類:霊長目キツネザル科
生息地:マダガスカル南部の森林や乾燥地帯
特徴:英名・和名の由来となった白黒の輪の模様のある尾が特徴。樹上で果実や木の葉などを食べるが、移動の際には地上に降り、長い尾を上げて四足歩行することも多い。

お問い合わせ

建設局 八木山動物公園 飼育展示課
仙台市太白区八木山本町1丁目43
電話:022-229-0122
ファクシミリ:022-229-3159