セルコホーム ズーパラダイス八木山窓口 電話:022-229-0631

現在位置 ホーム > 総合案内 > 平成30年度 > クロサイの赤ちゃんを一般公開し、愛称を募集します

セルコホーム ズーパラダイス八木山案内窓口 電話:022-229-0631

更新日:2019年3月13日

ここから本文です。

クロサイの赤ちゃんを一般公開し、愛称を募集します

一般公開されるクロサイのこども

当園で初めて生まれたクロサイの赤ちゃん(平成31年2月25日撮影)

 

セルコホーム ズーパラダイス八木山(八木山動物公園)では、2月5日(火曜日)に誕生したメスのクロサイの赤ちゃんを、3月19日(火曜日)から公開します。

生後1カ月あまりを経て、赤ちゃんはすくすくと育っています。最近では少しずつ外に出る練習も始まり、母親「ユキ」の周囲を走り回るなど、毎日とても元気に過ごしています。
動く様子もかわいらしい赤ちゃんと、慈しむように見守る母親「ユキ」。この仲良し親子にぜひ、会いに来てください。

また、会場では一般公開と同時に赤ちゃんの愛称募集も開始します。皆さまからのたくさんのご応募をお待ちしています。

 

一般公開開始日と場所

公開開始日 3月19日(火曜日)

公開時間  午前9時~10時

  • 公開時間については、親子の様子をみながら徐々に延長していく予定です。
  • 動物の体調や天候により、展示時間を変更したり中止する場合があります。

場所    アフリカ園クロサイ屋外展示場

 

公開する子どもについて

クロサイの仔(顔アップ)

生年月日 平成31年2月5日

性別   メス

体重   51kg(2月21日現在)

両親   父親 アース 平成17年1月24日生まれ(14歳:平成21年10月 横浜市金沢動物園より来園)
    母親 ユキ  平成24年1月14日生まれ(7歳:平成28年6月 広島市安佐動物公園より来園)

※当園のクロサイは、赤ちゃんを含めて、オス1頭・メス2頭の計3頭となります。

 

愛称募集について

一般公開にあわせて、クロサイの赤ちゃんの愛称を募集します。

募集期間

3月19日(火曜日)~3月31日(日曜日)

応募方法

アフリカ園クロサイ屋外展示場ビューポイントに設置される募集コーナーにて、専用応募用紙に必要事項を記入のうえ、応募箱にご投函ください。

※郵送、メール、ファクシミリでは応募できません。

※雨天時は観覧通路トンネル内に移動して募集を行います。

愛称の条件

ふさわしいもの

  • 親しみやすく、覚えやすいもの
  • メスの名前としてふさわしいもの
  • 飼育員が呼びやすいもの

選定外となる場合

  • 既に当園の飼育動物についている名前や、他園館で飼育されているクロサイの名前は除外とします(下記の「つけられない名前の例」もご参照ください)。
  • 応募用紙に必要事項が記入されていない場合は無効となります。

〈参考〉つけられない名前の例

当園の飼育動物や他園館のクロサイの名前など、対象外となる例については下記をご参照ください。

つけられない愛称の例

当園のクロサイの愛称

アース(オス)、ユキ(メス)

当園にいる動物たちの愛称例

はなこ、リリー、メアリー、モミジ、カエデ、はる

クルミ、スモモ、アイナ、ユカリ、アイ、ルミ、ナナ

ポーラ、アンナ、ヒナ、サン、ミゾレ、コオリ

他の園館のクロサイの愛称例

(既に亡くなったものも含む)

サニー、ハナ、サキ、ニコ、ローラ、ミミカ、サミア

クー、アルゴ、アキリ、クロ、アキ、メイ、フウカ

 

愛称の発表について

4月21日(日曜日)に、決定した愛称を発表し、命名式を行います。

時間その他、式の詳細は追ってお知らせします。

 

【参考】クロサイについて

[ワシントン条約附属書1.表、IUCN(国際自然保護連合)レッドリスト:CR(絶滅寸前)]

和名:ヒガシクロサイ
学名:Diceros bicornis michaeli
英名:Eastern Black Rhinoceros
分類:奇蹄目サイ科
分布:アンゴラ、ケニア、モザンビーク、ナミビア、南アフリカ、タンザニア、ジンバブエ
生態:頭胴長280~300cm、肩高140~160cm、体重900~1,300kgで、藪地や、山地の森林に生息し、主に低木の葉を食べる。寿命は飼育下で約40年。妊娠期間は15~16カ月で、1回に1頭の仔を出産する。頭部には2本の角が生えており、一生伸び続けるが、その角を目的とした乱獲などにより生息数が激減しており、絶滅危惧種として指定されている。

お問い合わせ

仙台市建設局 八木山動物公園 飼育展示課
仙台市太白区八木山本町1丁目43
電話:022-229-0122