八木山動物公園フジサキの杜 窓口 電話:022-229-0631

現在位置 ホーム > 八木山動物公園スタッフブログ「八木ZOO通信」 > アビシニアコロブスの出産(3月30日)

八木山動物公園フジサキの杜 案内窓口 電話:022-229-0631

更新日:2020年3月30日

ここから本文です。

アビシニアコロブスの出産(3月30日)

八木山動物公園スタッフブログ「八木ZOO通信」

⇒ブログ記事一覧ページへ

アビシニアコロブスの出産(3月30日)

 

3月11日未明にアビシニアコロブスのリゲルが出産しました。

 

育児経験の少ないリゲルでしたが、しっかりと赤ちゃんを抱きかかえ授乳している姿を確認した時はひと安心しました。

ブログ アビシニアコロブス リゲルと仔

その後もリゲルはしっかりと育児をしていましたので、16日の休園日に父親のフランセスクとリゲル親子を同居させました。

 

これまで部屋越しでお見合いはしていましたが、同居はしていなかったのでどのような反応や行動をするかは分かりませんでした。
担当者や獣医師と万全の態勢を取って観察しましたが、特に興奮することもなく落ち着いていることを確認したので、17日から親子3頭での展示を開始しました。

 

ブログ アビシニアコロブス リゲルと仔とフランセスク

アビシニアコロブスの赤ちゃんは生まれてしばらくは体の毛は白く、顔も肌色です。
これは生後数カ月限りの期間限定色で、離乳する頃までには少しずつ変化していき、大人と同じ姿になります。

赤ちゃんの成長とともに変化していく毛色の変化を観察していただければと思います。

 

※写真はいずれも2020年3月17日撮影

⇒ブログ記事一覧ページへ

お問い合わせ

仙台市建設局 八木山動物公園 飼育展示課
電話:022-229-0122
ファクシミリ:022-229-3159