八木山動物公園フジサキの杜 窓口 電話:022-229-0631

現在位置 ホーム > 八木山動物公園スタッフブログ「八木ZOO通信」 > アメリカビーバーの「アッコ」が死亡しました(5月25日)

八木山動物公園フジサキの杜 案内窓口 電話:022-229-0631

更新日:2020年5月25日

ここから本文です。

アメリカビーバーの「アッコ」が死亡しました(5月25日)

八木山動物公園スタッフブログ「八木ZOO通信」

⇒ブログ記事一覧ページへ

アメリカビーバーの「アッコ」が死亡しました(5月25日)

アメリカビーバーのメスの「アッコ」が5月25日に死亡しましたのでお知らせいたします。

アッコは2007年生まれの12歳で、2010年に来園して以来、東門の入り口で皆様をお迎えして長く愛された動物でした。
年を経るごとに徐々に食べるエサの量が減り、3年前の冬には体調を崩し、入院して治療を行っていました。春に暖かくなった頃には、治療を続けながら再び展示できるまでに回復することができ、昨年の冬期間はさらに暖かい展示場所に移動し元気に過ごしていました。

春になり、そろそろ展示場に戻そうと思っていたところで腰のヘルニアを発症し、再び入院しておりました。しかし食べられる量も減って徐々に全身状態が悪化していき、治療を続けてまいりましたが、25日に死亡いたしました。

「アッコ」が東日本大震災を乗り越えて当時出産した四つ子も巣立っており、当園最後のビーバーがいなくなることとなりました。皆様には長い間あたたかく見守っていただき、ありがとうございました。

在りし日のアメリカビーバー「アッコ」

 

⇒ブログ記事一覧ページへ

お問い合わせ

仙台市建設局 八木山動物公園 飼育展示課
電話:022-229-0122
ファクシミリ:022-229-3159