八木山動物公園窓口 電話:022-229-0631

現在位置 ホーム > 総合案内 > 平成30年度 > チンパンジーの「ロロ」が死亡しました

八木山動物公園案内窓口 電話:022-229-0631

更新日:2018年12月17日

ここから本文です。

チンパンジーの「ロロ」が死亡しました

チンパンジーのロロ(顔)

チンパンジーの「ロロ」

メスのチンパンジーの「ロロ」が、循環障害による呼吸不全のため49歳(推定)で死亡しました。
11月下旬から体調を崩し治療を続けていましたが、平成30年12月14日(金曜日)の夕方、眠るように息をひきとりました。

「ロロ」はニシゴリラの「ドン」と並ぶ当園の古株でした。
推定3歳のころアフリカから来園して以来、当園のチンパンジーの第2世代を担い、同じく第2世代の「ケンタ」との間に5頭のこどもたちを残しました。

面倒見がよく、若いメスの「ポッキー」の世話をしたり、ちびっこ「ギンジ」を教育してくれたこともあります。また、とても賢くて、飼育員に手の込んだいたずらを仕掛けたり、「展示場に出る/出ない」でも、日々、飼育員との駆け引きを展開したりと、さまざまなかたちでコミュニケーションをとってくれました。

47年という長い歳月を通して来園者に愛された、まさに当園の歴史とともに歩んだ一生でした。
長い間、「ロロ」をあたたかく見守っていただき、本当にありがとうございました。

12月16日(日曜日)から、チンパンジー屋内展示場観覧通路に献花台を設置しています。

 

チンパンジーのロロ

くつろぐ「ロロ」

お問い合わせ

建設局 八木山動物公園 飼育展示課
仙台市太白区八木山本町1丁目43
電話:022-229-0122