現在位置 ホーム > 青葉区トップページ > 防災・防犯・交通安全・野生鳥獣 > 交通安全 > 自転車はルールを守って安全に乗りましょう

青葉区

更新日:2017年12月25日

ここから本文です。

自転車はルールを守って安全に乗りましょう

自転車は、手軽で身近、環境にもやさしく、たくさんの人に利用されている乗り物ですが、交通ルールを無視した危険な乗り方やマナーの悪さが問題になっています。

道路交通法では、自転車は車両(軽車両)です。自転車で事故を起こすと、自動車やバイクと同じように、刑事責任・民事責任を負うことになります。

誰もが安全で楽しく自転車を利用するために、ひとりひとりが交通ルールとマナーを守りましょう。

やめよう!自転車の危険な乗り方

  • 二人乗り
  • 傘さし運転
  • 無灯火走行
  • 他の自転車と横に並んで走行
  • 一時不停止
  • 飲酒運転

自転車安全利用5則

  • 自転車は車道通行が原則、歩道通行は例外
  • 車道は左側を通行
  • 歩道を通行する場合は歩行者優先で、車道寄りを原則徐行
  • 安全ルールを守る(飲酒運転・並進・二人乗りの禁止、夜間のライト点灯、信号を守る、交差点での一時停止・安全確認)
  • 子供はヘルメットを着用

罰則の範囲が拡大されました

平成27年6月1日から改正道路交通法が施行され、罰則の範囲が拡大されました。自転車運転中の次のような禁止行為に違反した場合には罰則(5万円以下の罰金)が科せられます。

  • 並列走行
  • 右側走行
  • 一時不停止
  • 携帯電話・ヘッドホン・イヤホンの使用
  • 傘差し運転
  • 信号無視
  • 夜間の無灯火走行
  • 飲酒運転

など

「自転車運転者講習」

信号無視や一時不停止、遮断踏切への立ち入りなど、危険なルール違反を繰り返すと、法令により「自転車運転者講習」を受講しなければならないことになります。

受講の通知を受けてから3か月以内に受講しなければ、5万円以下の罰金に科せられます。

お問い合わせ

青葉区役所区民生活課

仙台市青葉区上杉1-5-1 青葉区役所7階

電話番号:022-225-7211

ファクス:022-222-7119