現在位置ホーム > くらしの情報 > 学ぶ・楽しむ・活動する > 文化振興 > お知らせ > 2018年度(平成30年度)の記事一覧 > 「SHIRO Atelier&Studio-ともにつくる芸術劇場-」スタジオ事業の参加者及びボランティアを募集します

更新日:2018年11月6日

ここから本文です。

「SHIRO Atelier&Studio-ともにつくる芸術劇場-」スタジオ事業の参加者及びボランティアを募集します

 

2018年度仙台市文化プログラム「SHIROAtelier&Studio -ともにつくる芸術劇場-」のスタジオ事業の実施にあたり、参加者及びボランティアを募集します。

1 概要

この事業は、「仙台市文化プログラム-障害のある人たちの文化芸術活動を支援・推進する文化プログラム」です。アートを通じた自己表現の機会をつくること、障害のある人たちとともに誰もがそれぞれの個性を尊重し、その存在が認められる真の意味での豊かな社会の構築に貢献することをめざし実施されるものです。

ダンスをしてみたいな、演劇の活動にふれてみたいな、関心をもつ仲間と出会う機会がほしいな、障害のある人との表現活動に参加してみたいな、など障害のあるなしに関わらず、どなたでも参加できる事業となっています。

 

2 募集内容

プログラムA あなた と ふれて たしかめる

日時 平成30年12月1日(土曜日) 14時~17時(16時以降は茶話会)

会場 せんだい演劇工房10-BOX box-5(仙台市若林区卸町2丁目12-9)

講師 小濱 昭博(俳優)-

定員 参加者15名程度(うち、障害のある方は10名程度)、ボランティア5名程度

参加費 無料

 

プログラムB かんじる、えんじる

日時 平成31年1月20日(日曜日) 14時~17時(16時以降は茶話会)

会場 せんだい演劇工房10-BOX box-5(仙台市若林区卸町2丁目12-9)

講師 本田 椋(俳優・劇団短距離男道ミサイル代表)

定員 参加者15名程度(うち、障害のある方は10名程度)、ボランティア5名程度

参加費 無料

 

プログラムC からだであそぶ

日時 平成31年2月3日(日曜日) 14時~17時(16時以降は茶話会)

会場 せんだいメディアテーク1階オープンスクエア(仙台市青葉区春日町2-1)

講師 小野 詩織(ダンサー・振付家)

定員 参加者15名程度(うち、障害のある方は10名程度)、ボランティア5名程度

参加費 無料

 

3 お申込み方法

ご希望の方は、必要事項を別添チラシの「お申込みフォーム」にご記入の上、郵送・ファクス・メールでご送付いただくか、もしくはホームページのお申込みフォームにて、開催日の1週間前までにお申し込み下さい。

定員になり次第締め切らせていただきます。定員を超えてご希望に添えない場合のみ、事務局よりご連絡いたします。

※同伴者の有無と、サポートの必要がある場合は、その内容をあらかじめ事務局までお知らせください。

※ご本人の記入が難しい場合は、支援者(保護者の方など)がご記入いただいてかまいません。

チラシ表(PDF:349KB)

チラシ裏(PDF:556KB)

 

4 問い合わせ

特定非営利活動法人エイブル・アート・ジャパン東北事務局

〒980-0804 宮城県仙台市青葉区大町2丁目3-22 第五菊水ビル3階(東北リサーチとアートセンター内)

※お預かりした個人情報は、申し込みの受付事務においてのみ使用させていただきます。

電話:070-5328-4208

ファクス:022-774-1576

アドレス:soup@ableart.org

ホームページ「SOUP」(外部サイトへリンク)

 

【特定非営利活動法人エイブル・アート・ジャパン】

障害のある人々とアートをつなぐ中間支援組織。さまざまな立場の人やグループ・団体が出会い、交流する機会をつくり、社会変革につながる共感や感動を生み出すことを目標に活動しています。主な事業に、障害者の芸術文化活動支援センター運営(宮城)、エイブルアート・カンパニー〈ライセンス事業〉(全国)、A/A gallery運営(東京)など。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

文化観光局文化振興課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-6139

ファクス:022-213-3225