現在位置ホーム > くらしの情報 > 学ぶ・楽しむ・活動する > 文化振興 > お知らせ > 2018年度(平成30年度)の記事一覧 > 「障害のある人と芸術文化活動に関する大見本市」を開催します

更新日:2019年1月22日

ここから本文です。

「障害のある人と芸術文化活動に関する大見本市」を開催します

2018年度仙台市文化プログラム「SHIRO Atelier & Studio -ともにつくる芸術劇場-」では、障害のある人が、芸術文化の表現活動を行う場や機会を探している、活動の相談先を探しているなど、次の一歩を踏み出すためのヒントを見つける場として、「障害のある人と芸術文化活動に関する大見本市」を開催いたします。

障害のある人と芸術文化活動が、日常の中に溶け込むことを目指して、多様な活動を行う県内の団体が集まりますので、新たな出会いや各ブースをお楽しみください。

1 概要

日時

2019年2月3日(日曜日)〜2月6日(水曜日)

3日…14時00分~18時00分/4日、5日…10時00分~18時00分/6日…10時00分~15時00分

会場

せんだいメディアテーク1階 オープンスクエア

入場料

無料

ブース概要

ショーケース「障害と芸術文化のブース」

石巻、山元、仙台などで障害のある人に門戸を開いている団体が、活動を紹介するブースを出展します。

※出展団体は、チラシをご覧ください。

エキシビション「ニューカマーセブン」

神社インスタレーション、ジオラマ作品、花魁画など、宮城県内に住むニューカマー7人の作品紹介。 

ドキュメント&ワークショップ「SHIRO Atelier & Studio」

仙台市内の文化施設で活動してきたアトリエとスタジオ事業の活動のドキュメントを映像で紹介。また、会期中に見学できるワークショップもあります。

ダンスワークショップ「からだであそぶ」

日時:2月3日(日曜)14時00分〜17時00分
講師:小野詩織(ダンサー・振付家)

※参加者の募集は締め切りました。見学可。

セミナー「アートと著作権研修」

ある人が絵を描きました。その作品は誰のもの?作品を展示したい。作品を販売したい。だれがどのように決めるの?表現活動と共に生まれる権利「著作権」。恒例となったアートと著作権(基本編)を実施します。

日時:2月6日(水曜日)13時00分〜15時00分
講師:上林佑弁護士

※要申し込み先着順

※当セミナーのみ仙台市文化プログラムではなく、宮城県平成30年度障害者芸術文化活動支援事業の企画となっております。

 

障害のある人と芸術文化活動に関する大見本市チラシ(PDF:1,502KB)

 

2 問い合わせ

特定非営利活動法人エイブル・アート・ジャパン東北事務局
〒980-0804 宮城県仙台市青葉区大町2丁目3-22 第五菊水ビル3階(東北リサーチとアートセンター内)
電話:070-5328-4208
ファクス:022-774-1576
Eメールアドレス:soup@ableart.org
ホームページ:SOUP(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

文化観光局文化振興課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-6139

ファクス:022-213-3225