現在位置ホーム > くらしの情報 > 学ぶ・楽しむ・活動する > 文化振興 > お知らせ > 2018年度(平成30年度)の記事一覧 > 書籍「『そこに音楽があった』楽都仙台と東日本大震災」を仙台文学館で販売しています

更新日:2018年6月19日

ここから本文です。

書籍「『そこに音楽があった』楽都仙台と東日本大震災」を仙台文学館で販売しています

仙台市では、ノンフィクション作家の梶山寿子氏に取材・執筆を依頼し、「『そこに音楽があった』楽都仙台と東日本大震災」を文藝春秋企画出版部より出版していただきました。

 

東日本大震災後に被災地で繰り広げられた音楽による取り組みを全国の皆様に広く知っていただくとともに、被災された方々の心の復興を支えた音楽の力が後世まで語り継がれることを願い、企画したものです。

 

津波で被災された方々が避難されていた八軒中学校で開催された「音楽の集い」、避難所や仮設住宅で行われた「復興コンサート」、MONKEY MAJIKさんや小山実稚恵さん(ピアニスト)らプロのアーティストによる支援活動、「ジャズフェス」や「とっておきの音楽祭」などの実行委員会の皆さんの想い、仮設地住宅から生まれた「みやぎの『花は咲く』合唱団」の取組みなど、2年間にわたる取材に基づくエピソードが描かれています。

書籍「そこに音楽があった」表紙

仙台文学館で販売しています。
購入ご希望の方は、仙台文学館までご連絡ください。
仙台文学館:電話/022-271-3020 ファクス/022-271-3044

仙台文学館ホームページ(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

文化観光局文化振興課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-6139

ファクス:022-213-3225