現在位置ホーム > くらしの情報 > 学ぶ・楽しむ・活動する > 文化振興 > お知らせ > 2019年度(令和元年度)の記事一覧 > 演劇ワークショップ「50歳から輝くステージ」の参加者を募集します

更新日:2019年11月7日

ここから本文です。

演劇ワークショップ「50歳から輝くステージ」の参加者を募集します

2019年度仙台市文化プログラム「こどもおとなあそびなかまプロジェクト!のびのびーば!」では、英国・スコットランドの劇団「Tricky Hat(トリッキー・ハット)」と協働で演劇ワークショップを行います。ワークショップの実施にあたり、参加者を募集します。

1 概要

この事業は、「震災や復興を主題にした文化プログラム」及び「地域の文化芸術資源を活用した文化プログラム」をテーマに、英国・スコットランドの劇団「Tricky Hat」の演劇手法を用いて、50歳以上の人たちとともに、個人個人の日常の物語や、震災体験や老いを含む人生経験に基づいた表現を創作する演劇ワークショップを実施します。

2 募集内容

(1)英国劇団と行う演劇ワークショップ ※定員に達したため、申込受付を終了いたしました。

お試し1日コース[ワークショップ90分+ティータイム]

Tricky Hatが50歳以上の人たちと作る舞台作品『炎:Honō:Flames』の紹介、演劇のエクササイズ、参加者自身の物語から紡ぐ創作を行います。(通訳付き)

日時

2019年10月28日(月曜)10時00分〜12時00分

会場

地下鉄東西線国際センター駅「青葉の風テラス」(仙台市青葉区青葉山2-1外/地下鉄東西線国際センター駅2階)

参加費

500円(ティー付き)

参加対象 

50歳以上の方(演劇経験不問・初体験者歓迎)

定員 

30人(先着)

申込締切 

10月6日から受付開始、10月25日応募締切

※定員に達したため、申込受付を終了いたしました。

講師

フィオナ・ミラー(Fiona Miller/Tricky Hat(トリッキー・ハット)芸術監督)

カンバーノールド劇場やスコットランド国立劇場の交換プログラムの経験を持つ。

フリーランスの演出家としても幅広く仕事をしており、ダンディー市での『魔女の血』、グラスゴー市の『都市』などの大規模な作品や、スコットランド国立劇場の「99…100」で1対1の公演を行っている。芸術コンサルタントや演劇指導者の仕事も行なっている。フィオナの成功の鍵は、常にアートの形態を超えて協力し合い、関係者全員が参加して作品を考案することです。

(2)じっくり楽しむ!演劇ワークショップ

じっくり少人数2日間コース[ワークショップ90分+お茶っこ]

1日目:ストレッチ/演劇ゲーム/ミニ作品の創作体験

2日目:ウォーミングアップ/小作品の創作・発表/ふりかえり

※2日間セット/仙台市内4会場で実施/各回とも同内容

日時・会場

A.宮城野区 ※定員に達したため、申込受付を終了いたしました。

2019年11月12日(火曜)、19日(火曜)9時30分~11時30分

宮城野区文化センター・リハーサル室(仙台市宮城野区五輪2-12-70/JR陸前原ノ町駅徒歩1分)

B.太白区

2019年12月3日(火曜)10日(火曜)9時30分~11時30分

あすと長町第2市営住宅・集会室(仙台市太白区長町6-5-13/JR長町駅徒歩8分)

C.若林区

2020年1月11日(土曜)19日(日曜)9時30分~11時30分

七郷市民センター・視聴覚室(仙台市若林区荒井3-7-2/地下鉄東西線 荒井駅徒歩12分)

D.青葉・泉区 ※定員に達したため、申込受付を終了いたしました。

2020年2月22日(土曜)29日(土曜)9時30分~11時30分

日立システムズホール仙台・ビデオスタジオほか(仙台市青葉区旭ヶ丘3-27-5/地下鉄南北線 旭ヶ丘駅徒歩3分)

参加費

1,000円(2日間、お茶付き)

参加対象

50歳以上の方(演劇経験不問・初体験者歓迎)

定員

各回12人(先着)※B.太白会場のみ8人

申込締切

10月6日から受付開始、各回1回目開催日の5日前応募締切

講師

西海石みかさ(演出家・ダンサー)

シェルハブ・メソッド国際公認指導者。教育学修士。教員、JICAシニアボランティア(障害児教育)を経て、NPO法人アートワークショップすんぷちょを立ち上げる。2017年よりシェルハブ・メソッドしおがまを主宰し、赤ちゃんや障害児の発達を後押しする個別指導を行う。市民参加協働創作作品を多数演出。また、子どもや自閉症を持つ子どもを観客とする作品も手がける。せんだい3.11メモリアル交流館企画展「それから、の声がきこえる」ワークショップデザインなど、活動は多岐にわたる。

大河原準介(演劇企画集団LondonPANDA主宰・演出家)

演劇企画集団LondonPANDA主宰・作・演出。仙台市出身。桐朋学園芸術短期大学専攻科演劇専攻修了。2007年にLondonPANDAを旗揚げ。2016年に地元・仙台に拠点を移し、作品創作・上演、演劇ワークショップの開催など精力的に活動中。若手演出家コンクール2016優秀賞。日本演出者協会協会員。

3 お申込み方法

申込時の必要事項ご確認うえ、「PLAY ART!せんだい」あてに電話(070-1070-1191(10時から18時受付))またはメール(playartsendai@gmail.com)でお申し込みください。

申込時の必要事項

氏名(ふりがな)、年齢、ご住所、、お電話番号、メールアドレス(お持ちの場合)、ワークショップ参加希望日程

※参加にあたり、障がいや持病により配慮が必要な方は事前にお知らせください。できる限り対応します。各会場は車椅子でもお入りいただけます。

※お申し込みいただいた方には、参加についてご説明のお電話をさせていただきます。

ワークショップ「50歳から輝くステージ」チラシ(PDF:689KB)

4 その他

来年4月に公演予定の日英共同舞台『炎:Honō:Flames』の出演者も同時募集中です。

ご興味のある方はお問い合わせください。

炎:Hono:Flamesとは

英国・スコットランドの劇団「Tricky Hat(トリッキー・ハット)」と創る、斬新な映像や音楽の生演奏などを用いた舞台作品。ベースとなる物語は50歳以上の人へのインタビューを元に構成され、それを50歳以上の一般の人たちが演じます。日常の生活や老いていく自分の中に感動を見出そうとするもので、スコットランドでは何度か上演を重ねています。今回は初めての日本での共同制作で、スコットランドの50歳以上の人たち3名と日本の50歳以上の人たち10名が舞台に立ちます。2020年4月6日〜11日の間の5日間で創作し、4月12日に仙台市内の劇場で公演します(主催:演劇企画集団LondonPANDA・Tricky Hat)。

PLAY ART!せんだいとは

演劇企画集団LondonPANDA、NPO法人アートワークショップすんぷちょ、NPO法人お茶っこケアの3団体により構成されており、演劇やダンスなどの文化資源を社会の中で活かすために、実践や検証、学び合いを通してノウハウを蓄積し発信すること、また、分野を超えて、文化資源の活用をテーマとした緩やかなネットワークづくりを推進していく。

5 お問い合わせ

PLAY ART!せんだい

Eメール:playartsendai@gmail.com

電話:070-1070-1191(10時から18時受付)

PLAY ART!せんだいホームページ(外部サイトへリンク)

PLAY ART!せんだいFacebook(外部サイトへリンク)

PLAY ART!せんだいTwitter(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

文化観光局文化振興課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-6139

ファクス:022-213-3225