現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > 中央卸売市場 > 「市場のお仕事見てきたよ」

更新日:2016年11月7日

ここから本文です。

「市場のお仕事見てきたよ」

平成28年度 夏休み親子市場見学会

市場の仕組みや魚や野菜・くだものの魅力を広く発信するため、仙台市中央卸売市場で、平成28年8月9日(火曜日)、20日(土曜日)の2回、「夏休み親子市場見学会」が、開催され、抽選で当選した小学生とその保護者の合計85名(8月9日 44名、8月20日 41名)が参加しました。

見学会では、普段見ることのないせりの様子など、早朝から行われている市場内での取引を見学して、小売店やスーパーで売られている魚や野菜・くだものなどの「流通の仕組み」を知り、魚やくだものの試食により「新鮮な味わい」を親子で体験しました。

1.水産卸売場では実際のせりの様子や、せりにかけられるさまざまな種類の魚を間近で見学しました。

2.水産仲卸売場では、早朝のせりにかけられたばかりのまぐろが、目の前で解体されるのを見て、職人の鮮やかで迫力のある包丁裁きに驚いたり、感動の声をあげたりしました。

3.まぐろの解体後、背骨から身を削ぎとる「中落ちかき」やその試食も体験し、新鮮なまぐろを堪能しました。

4.青果卸売場では青果のせりの様子を見学し、また、くだものの話を聞きながら、入荷したてのすいかやぶどう等を試食しました。

見学の後には、市場管理棟で手洗いなど衛生管理の話を聞いた後、おいしい朝食をいただき、楽しいひとときを過ごしました。

     まぐろ低温売場の様子  まぐろ解体の様子

         <まぐろ低温売場の様子>         <まぐろ解体の様子>

    青果卸売市場見学の様子  まぐろ中落ちかきの様子

        <青果卸売市場見学の様子>         <まぐろ中落ちかきの様子>

 

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市若林区卸町4-3-1

電話番号:022-232-8121

ファクス:022-232-8144