現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > 中央卸売市場 > 新鮮!金曜日-市場中継-「おいしく食べよう!銀ざけ」

更新日:2017年4月7日

ここから本文です。

新鮮!金曜日-市場中継-「おいしく食べよう!銀ざけ」

平成29年4月7日放送分

銀ざけを持つ二人の写真

 こんにちは。本日の目利きのイチバンは、「銀ざけ」です。食卓の定番、さけ。その中でも養殖の銀ざけをご紹介します。

養殖銀ざけ

銀ざけ一尾と切り身の写真

宮城県の石巻、女川で養殖がさかん。国内の養殖銀ざけのなんと9割が宮城で水揚げされています。

天然の銀ざけは寄生虫の心配がありますが、養殖ものはエサの管理が万全なのでその心配がなく、生食できるのが大きな魅力です。

ビタミンCとあわせることで動脈硬化を防止するアスタキサンチンの吸収がアップ。レモンやパセリを添えるのがおすすめの食べ方です。

 

銀ざけを使ったメニュー2品のご紹介

手まりずしの写真

まず生で食べられる養殖の銀ざけならではの「手まりずし」。

 銀ざけとクリームチーズを薄切りにします。

     アボカドは薄切りにしてレモン汁をかけておきます。
       小さく切ったラップに銀ざけ、アボカド、クリームチーズの順にのせ、最後 にすし飯をのせてラップでくるみ、形を整えます。
           ラップをはずしてお皿に盛りつけ、くし切りのレモンなどを添えてできあがり。お好みでこしょうをふります
            お子さんとつくると楽しいでしょう。
              チーズバーグの写真
              2品めはお子さんも喜ぶチーズバーグです。加熱用の切り身を使います。
               銀ざけは骨と皮を除き、包丁で細かく叩きます。たまねぎはみじん切りに。
               ボウルに銀ざけ、たまねぎ、卵、パン粉、しょう油、こしょうを合わせてこねます。
               タネを成形し、油をひいたフライパンで焼きます。火は中火で。
               裏返したらスライスチーズをのせてふたをします。チーズが溶けたら火を止めます。
               ケチャップとマヨネーズを合わせたソースに盛り付けてできあがり。
              プチトマトなどをあしらいましょう。お弁当にもおすすめですよ。

材料

 銀ざけ手まりずし

  ●銀ざけ(刺身用/さく) 100g  ●すし飯 1合

  ●アボカド 1個  ●レモン汁 小さじ2  ●クリームチーズ 適量  ●こしょう 適宜

 銀ざけチーズバーグ

  ●銀ざけ(加熱用/切り身) 2切れ  ●卵 1個  ●パン粉 10g  ●たまねぎ 20g

  ●しょう油 大さじ1  ●こしょう 少々  ●スライスチーズ 1枚

  ●ケチャップ 大さじ4  ●マヨネーズ 大さじ2  

目利きの視点

脂の乗りのいい銀ざけはお刺身で食べるのがおすすめ。カルパッチョにもぜひ!
アボカドとの相性はとてもよいです。ぜひ試してみてください!

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市若林区卸町4-3-1

電話番号:022-232-8111

ファクス:022-232-8144