現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > 中央卸売市場 > 今までの放送内容を紹介します > 新鮮!金曜日-市場中継-「冬を彩るシクラメン」

更新日:2017年12月20日

ここから本文です。

新鮮!金曜日-市場中継-「冬を彩るシクラメン」

平成29年12月15日金曜日放送分

冬を彩るシクラメン

今回は冬の代表的な鉢花、シクラメンです。贈り物としても人気で、その華やかさや栽培の難しさから、鉢花の女王とも言われています。福島の生産者の方にも話を聞きました。

 

品評会

シクラメンは冬の鉢ものの代表格で、12月が出荷の最盛期です。日持ちがよいので、今買って春まで楽しめます。また、シクラメンは毎年11月から12月の間に、生産者が参加する品評会があります。

仙台市中央卸売市場で行われた東北最大級のシクラメンの品評会では、生産者の自慢の花が勢揃いし、形や美しさを競います。今年は東北6県から210点が出品され、その中から約30点が賞に選ばれました。シクラメンは栽培が難しいため、生産者の間でもまさに高嶺の花なんです。こういった品評会を行うことで、より高い品質を目指して、みなさん切磋琢磨して栽培を行っています。

 

4種類のシクラメン

  • 「ヨハンシュトラウス」

鮮やかな赤が特徴で定番のシクラメン。作曲家シュトラウスの名前がついた情熱的な品種。

ヨハンシュトラウス

 

  • 「ミネルバ」・「プルマージュ」

ツートンカラーのシクラメンも人気の品種です。

ミネルバ・プルマージュ

(向かって左:ミネルバ)

 あずき色っぽい赤と白の対比が美しいミネルバ。

 葉の色は白っぽい。

(向かって右:プルマージュ)

 紫が人気のプルマージュ。

 葉の色は緑っぽい。

 

 

  • 「リップウェーブ」

花びらがフリルになっていて、キュートな印象。赤のグラデーションが綺麗で炎のようなイメージも持つ。

リップウェーブ

 

4種類のシクラメンは、どれも福島県産です。

福島のシクラメンは全国7位、東北では一番の出荷量。全国的に見ても品質の水準が高く、全国の品評会にも上位に入賞する方が多くいらっしゃいます。

 

福島の生産者の方の話

福島県相馬市はシクラメンの栽培が盛んな地域のひとつです。シクラメンを育てて35年というベテランの生産者の方に話を伺いました。この方は、7棟あるハウスのうち、4つのハウスで4,000鉢のシクラメンを栽培しており、何百種類とあるシクラメンの品種の中から、毎年違う品種の栽培にチャレンジしています。

  • 形の作り方

シクラメンの特徴的な美しいフォルム、この形は自然にできるものではなく、実は生産者の方々の手でひとつずつ形を作っていくんです。

『自然の状態では四方八方から花芽が上がってきますが、それを手作業で中心部に集めていきます。』

ひとつの鉢にかかる手入れの時間はおよそ20分。それを、4,000鉢すべて、しかも出荷までの間、5回も繰り返すことでやっと美しい形になります。

 

  • 枯れた花の取り除き方

病気にかかりやすいため、枯れた花を取り除くときも細心の注意が必要です。

『悪いところを取ったら必ず消毒するとかピンセットそのものを消毒するとか、病院なみの仕事で、神経を使っています。』

 

  • 品評会

栽培に時間と手間がかかるシクラメン。生産者の方々は、形の美しさや丈夫さなどを品評会で競い合い、品質の向上に力を入れています。

『一番難しくて一番やりがいのある差別化のできる仕事。情熱を持って競い合っています。』

 

生産者の方々が丁寧に手入れして生まれたシクラメン。今が出荷の最盛期です。

『心をこめて作りました。ぜひ楽しんでください』

福島のシクラメン4種

今回用意したシクラメンはすべて、話を聞かせてくださった福島県相馬市の生産者の方が作ったものです。大切に手間暇かけて作られたことがよくわかりました。

 

状態のいいシクラメン

  • 葉の数

シクラメンは葉一枚に花がひとつ咲きます。葉が多いものがより長く楽しめるんです。丁寧に葉組をして作るシクラメンは花や葉の数が多く、長持ちします。

 

  • 株の弾力

株を触ってみて適度に弾力があるものを選ぶようにしましょう。葉と葉の隙間が開いているものより密度が高いものが長持ちします。

 

手入れ方法

  • 置き場所
  1. 気温は5℃~20℃の間で、できるだけ窓辺などの日当たりのよい場所
  2. 暖房の風があたらない場所(今の季節、部屋に暖房が入っているなら玄関など)

 

  • 水やりの仕方

シクラメンの水やり

  1. 必ず葉をかき分けて、土の部分に。水差しなど口の細いものを使う。(葉や花、球根に直接かけるとカビが発生してしまうため)
  2. 根腐れを起こしやすいので、土の表面が乾いたらあげるくらいで十分。

 

丁寧に育てられたシクラメンはその分とても長く春先まで楽しめます。

そんな質のいいシクラメン、ぜひ花屋さんをのぞいてみてください。

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市若林区卸町4-3-1

電話番号:022-232-8121

ファクス:022-232-8144