更新日:2021年4月5日

ここから本文です。

旬の食材 まだい・銀ざけ

市場には、さわらやかつおなど春の魚が入荷しています。
今回は、そんな魚の中から、まだいと銀ざけを紹介します!

画像:まだい(愛媛産)

画像:養殖銀ざけ(宮城産)

※NHK「もりすた!」4月1日放送の内容をもとに作成

 

まだい

現在市場に入荷しているのは、愛媛産のまだい。
東北産のものは、5月から水揚げが始まります。
この時期のまだいは、体の色が桜の花のように濃くなるので、「桜鯛」「花見鯛」とも呼ばれます。

画像:桜鯛、花見鯛

 

画像:まだいを選ぶ際は、色が白っぽいものは避ける(鮮度が落ちているから)。

画像:まだいの切り身を選ぶ際には、身に透明感があって、血合いが鮮やかな赤色のものを選ぶ。

まだいを選ぶ際のポイントは、

  • 一匹まるごと選ぶ場合:白っぽいものは避ける(鮮度が落ちているから)
  • 切り身を選ぶ場合:身に透明感があって、血合いが鮮やかな赤色をしているものを選ぶ

 

画像:まだいの刺身

いろいろな食べ方ができるまだいですが、脂がのっているこの時期は刺身がベスト!
まだいの身の旨味をぜひ味わってください。

 

銀ざけ

宮城県は、養殖銀ざけの海面養殖が盛んで、国内生産量の9割を占めています。
春から夏にかけての海水温と、リアス式海岸の湾の穏やかな波が養殖に適しているからです。

画像:銀ざけは生産量の9割を宮城が占めている。要因は、春から夏の海水温が適していることと、リアス式海岸の湾の波が穏やかなこと。

 

画像:銀ざけの切り身。とろけるような食感と、甘味が特徴。

銀ざけの身の特徴は、とろけるような食感と甘味。
おいしいだけでなく、アスタキサンチンという疲労回復に効果のある成分が含まれているため、新生活の疲れがたまりやすいこの時期におすすめの食材でもあります。

 

画像:銀ざけの切り身。切り口が崩れておらず、つやのあるオレンジ色をしているものを選ぶのがポイント。

銀ざけは切り身で売られていることが多いので、選ぶ際には、切り口が崩れていないか、身全体がつやのあるオレンジ色をしているかの2点に注目するとよいでしょう。

この時期の銀ざけも、身に脂がのっているので、刺身にするのがおすすめです。
おいしい魚がどんどん出回るこれからの時期。ご家庭でもぜひ旬の魚を味わってください!

 

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市若林区卸町4-3-1

電話番号:022-232-8121

ファクス:022-232-8144