更新日:2021年12月6日

ここから本文です。

旬の食材 れんこん・白菜

お正月食材の一つれんこんと、代表的な冬野菜の白菜を紹介します。

画像:白菜とれんこん

※NHK「もりすた!」11月18日放送の内容をもとに作成

 

れんこん

画像:れんこんとは地下茎と呼ばれる茎が膨らんだもの。

画像:れんこんの気孔。泥の中で空気を運ぶために茎に穴が開く。

れんこんは地下茎と呼ばれる茎が膨らんだ野菜。
泥の中で空気を運ぶための通路として気孔と呼ばれる穴があくことで、れんこん特有のあの形ができあがります。


画像:れんこんとおせち料理。先が見える、将来の見通しがいいことから、縁起物としてお正月やお祝いの席で使われる。

れんこんが正月の縁起物の野菜とされているのも、この気孔のおかげです。
輪切りにすると「先が見える」ことから、「将来の見通しがいい」ことにつながります。

 

画像;れんこん。選ぶ際には、丸みがあって太い、穴がそろっているものを選ぶ。

選ぶ際のポイントです。全体的に丸みがあって太いもの、切り口が見える場合は、穴の大きさがそろっているものを選ぶとよいでしょう。

 

画像:れんこんの第1節。芽に一番近い部分。やわらかくシャキシャキした食感が特徴。

画像;第2節、第3節。繊維が多く、歯ごたえがある。

れんこんは部位によって食感が異なります。
一番芽に近い第1節と呼ばれる部位はやわらかくシャキシャキした食感なので、サラダにぴったりです。
一方第2節から後ろの節は繊維が多く歯ごたえがあるため、煮物に向いています。

画像;れんこんのサラダ

画像;鶏肉とれんこんの煮物

 

 

白菜

画像;白菜

通年出荷されている白菜ですが、旬は霜が降り始める11月から2月にかけてです。

 

画像:白菜を選ぶ際のポイント。外側の葉が縮れている、葉先までしっかり巻かれている。

画像;白菜を選ぶ際のポイント。根元の断面が平らで、葉がすき間なく詰まっている。

白菜を選ぶ際に注目すべきポイントは上記の4点。葉の密度が高いことが重要です。

 

画像;白菜のゴマ症。ポリフェノール類の色素が合成されてできたもので、食べても問題ない。

白菜によく見る黒い点々。虫食いか何かと思っている方も多いのではないでしょうか。
これは「ゴマ症」といって、ポリフェノール類の色素によるもので、食べても問題ありません。

 

画像;白菜の断面。収穫後も外側から中心部に向けて栄養を送る。芯から使い始めてうまみ抜け・しおれを防止する。

白菜には、外側から中心部へと栄養を送るという特徴があり、これは収穫後も変わりません。
外側の鮮度が落ちる原因にもなるので、芯の方から使い始めるとよいでしょう。

 

画像:白菜のミルフィーユ鍋。豚肉と白菜でシンプルに調理。寒い時期の定番。

ビタミンCやカリウムなど、白菜に含まれる栄養素には加熱調理に弱いという特徴があります。
栄養を逃さず食べられるよう、白菜は鍋やスープにするのがおすすめです!

風邪予防にも効果のある白菜を食べて、寒い冬を乗り切りましょう!

お問い合わせ

経済局中央卸売市場

仙台市若林区卸町4-3-1

電話番号:022-232-8121

ファクス:022-232-8144