更新日:2022年11月15日

ここから本文です。

旬の食材 秋さけ

仙台市中央卸売市場の水産物部には、旬の秋さけが入荷しています!

秋さけ

秋さけ

 

※NHK「もりすた!」9月29日放送の内容をもとに作成

さけの種類

さけの種類秋さけは産卵のため川に戻る

鮭には紅さけ、銀ざけなどの種類がありますが、日本で水揚げされるさけのほとんどがシロサケです。

秋から初冬ごろにかけて、産卵のために川に戻ってくるシロサケを漁獲したものを別名「秋さけ」と呼んでいます。

郷土料理「はらこ飯」

郷土料理はらこめし

産卵前のさけは卵に栄養がいくために脂が控えめでさっぱりした味わいが特徴です。

その栄養が蓄えられた卵とさけを一度に味わえる宮城県南部の亘理町の郷土料理「はらこ飯」は絶品です。
この「はらこ飯」は、あの伊達政宗に献上されたことでも有名です。

おいしい秋さけの選び方

秋さけの選び方

秋さけを選ぶときは、身の色が明るいオレンジ色のものを選びましょう。

血合いの色が黒ずんだ物や、身が崩れているものは避けましょう。

秋さけには動脈硬化や老化の予防、がんの発生予防の効果も

秋さけはアスタキサンチンが豊富秋さけはビタミンBとビタミンDも豊富

本来白身魚の秋さけですが、身のオレンジ色になっているのは餌であるオキアミのアスタキサンチンという色素が入っているからなんです。

アスタキサンチンは動脈硬化の予防や、老化、がんの発生予防に効果があると言われています!

他にも、エネルギーの代謝を促すビタミンBや、カルシウムの吸収を高めるビタミンDが、豊富に含まれているんです。

魚が苦手なお子さんでも食べやすい秋さけのレシピをご紹介します!

秋さけのチーズハンバーグ

秋さけのチーズハンバーグです。

秋さけは脂が少ないので、油を使った料理やチーズを使った料理と相性がいいんです。

さけの切り身の中骨をピンセットで抜き、皮を取り除き粗みじんにします。

さけの中骨を取りますさけを粗みじん切りします

たまねぎをみじん切りにして、チーズを1cm角に切ります。

たまねぎをみじんぎりしますチーズを1cm角に切ります

ボウルに先ほど切った食材と、パン粉と牛乳を入れ、コショウを加えて混ぜ、平たく丸めます。

切った食材にパン粉と牛乳を入れ混ぜ合わせます

魚がいたまないように、手早く混ぜるのがポイントです!

フライパンにサラダ油を引き、中火で両面を焼いていきます。

フライパンに油を引き中火で焼く

片面を5分ずつ焼き、焼き色が付いたら完成です。

片面を5分ずつ焼く

身がくずれやすいので、何度もひっくり返さないように注意しましょう。

魚が苦手なお子さんも、食べやすい秋さけのチーズハンバーグぜひ試してみてくださいね。

旬の秋さけをいろいろな料理にして、おいしく食べてみてください!

お問い合わせ

経済局中央卸売市場管理課

仙台市若林区卸町4-3-1

電話番号:022-232-8124

ファクス:022-232-8144