現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2019年度(令和元年度) > 12月 > 仙台市および仙台観光国際協会が仙台ホテル総支配人協議会・秋保温泉旅館組合・作並温泉旅館組合と交流人口の拡大に関する連携協定を締結します

更新日:2019年12月24日

ここから本文です。

仙台市および仙台観光国際協会が仙台ホテル総支配人協議会・秋保温泉旅館組合・作並温泉旅館組合と交流人口の拡大に関する連携協定を締結します

本市では、本年3月に策定した「仙台市交流人口ビジネス活性化戦略」において市内の宿泊者数を成果指標としており、本市での滞在時間を伸ばすことを目標に体験プログラムの創出などさまざまな取り組みを推進しています。

このたび、市内の宿泊関連団体と連携して本戦略を推進するため、本市および公益財団法人仙台観光国際協会は、仙台ホテル総支配人協議会、秋保温泉旅館組合、作並温泉旅館組合の各団体とそれぞれ連携協定を締結します。これにより、目標である年間600万人泊達成に向け、体験プログラム造成や情報発信、旅行者の受け入れ環境の向上など、官民一体となって推進していきます。

1 日時

12月26日(木曜日)午後5時30分~6時30分

2 会場

江陽グランドホテル 3階 鴛鴦の間 (青葉区本町2丁目3-1)

3 出席者

仙台ホテル総支配人協議会 会長 後藤 隆博(ごとう・たかひろ)氏

秋保温泉旅館組合 組合長 佐藤 勘三郎(さとう・かんざぶろう)氏

作並温泉旅館組合 組合長 岩松 廣行(いわまつ・ひろゆき)氏

公益財団法人仙台観光国際協会 理事長 村山 光彦(むらやま・みつひこ)氏

市長 

4 次第

(1)市長あいさつ

(2)仙台観光国際協会理事長あいさつ

(3)協定の概要説明

(4)協定締結(代表者あいさつ、協定書調印、写真撮影)

  1.仙台ホテル総支配人協議会

  2.秋保温泉旅館組合

  3.作並温泉旅館組合

(5)全体写真撮影

(6)質疑応答

5 協定内容

(1)地域観光資源を活用した体験プログラムの造成および情報発信に関すること

(2)仙台市における旅行者の受け入れ環境の向上に関すること

(3)仙台市の交流人口拡大および旅行者の宿泊促進に関すること

お問い合わせ

文化観光局観光課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎4階

電話番号:022-214-3018

ファクス:022-214-8316