更新日:2021年7月13日

ここから本文です。

FAQ(よくある質問とその回答)

 よくあるお問い合わせ(FAQ)

仙台市での新型コロナウイルスワクチンの接種に関して、お問い合わせの多い内容を掲載しています。

掲載している問い合わせ内容一覧

 

1 仙台市でワクチン接種を受けるときの流れを知りたい

仙台市から接種対象者にクーポン券(接種券)を発送いたします。届きましたら、同封されている案内をご覧いただき、電話やインターネットで予約の手続きをお願いいたします。

なお、現在、国におけるファイザー社製ワクチンの具体的な供給計画の見通しが立っていないことから、ファイザー社製ワクチンを使用している集団接種および個別接種については、当分の間、新規予約の受け付けを停止しています。

2 ワクチンのクーポン券(接種券)は、いつ頃届くのか

高齢者の方(昭和32年4月1日以前に生まれた方)には、3月31日に発送しております。

それ以外の方へは、6月18日から年齢ごとに順次発送いたします。

年齢ごとの発送スケジュールは、こちらをご覧ください。

 

3 クーポン券(接種券)は、どこに届くのか

住民票上の住所に届きます。郵便局で転送の手続きをされている方には、転送先の住所に届きます。

 

4 クーポン券(接種券)を、指定の住所に送ってもらうことはできないのか

住民票上の住所地でクーポン券(接種券)を受け取れないご事情がある場合には、クーポン券(接種券)を再発行し、指定の送付先へお送りすることができます。

また、クーポン券の送付にあたり配慮が必要な方は、コールセンターにその旨をお申し出ください。

なお、申出者や送付先が成年後見人、保佐人、補助人、任意後見人の場合は、発行対象者との関係が分かるもの(登記事項証明書など)の提出が必要となります。

 

5 医療従事者や高齢者施設従事者として優先接種を受けた後にクーポン券が届いたが、どうすれば良いか

すでにワクチン接種を終えられた方は、クーポン券は不要ですので廃棄していただいて構いません。接種時に渡された「接種記録書」が接種記録の証明となりますので、大切に保管してください。

 

6 ワクチンの接種はどこで受けられるのか

地域の医療機関や市民センターなどで接種を受けられます。

なお、現在、国におけるファイザー社製ワクチンの具体的かつ安定的な供給計画の見通しが立っていないことから、ファイザー社製ワクチンを使用している集団接種および個別接種については、当分の間、新規予約の受け付けを一時停止しています。

具体的な接種会場は、ご希望の接種形態に応じて以下のページをご覧ください。

大規模接種の会場はこちら

集団接種の会場はこちら

※個別接種の接種会場は、現在新規予約を停止しているため、一覧を掲載しておりません。

 

7 ワクチンの接種会場に持参するものはあるか

仙台市から送付されるクーポン券(接種券)と本人確認書類をお持ちください。本人確認書類は、運転免許証、健康保険者証、在留カード、障害者手帳などです。

 

8 ワクチンの接種にマイナンバーカードは必要なのか

必要はありませんが、本人確認書類としてお使いいただけます。

 

9 ワクチンの接種を受けるのに費用はかかるのか

費用は一切かかりません。全額公費で負担いたします。

 

10 優先的に接種を受けられるのはどのような人か

65歳以上の高齢者、基礎疾患をお持ちの方、高齢者施設等に従事する方です。

また、保育施設や幼稚園に従事している方なども優先されます。

詳細はこちらをご覧ください。

 

11 基礎疾患にはどのようなものが該当するのか

(1) 以下の病気や状態の方で、通院や入院をしている方が該当します。

  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病(肝硬変等)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病又は他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気(ただし、鉄欠乏性貧血を除く)
  • 免疫の機能が低下する病気(治療や緩和ケアを受けている悪性腫瘍を含む)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態(呼吸障害等)
  • 染色体異常
  • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合

 

(2) 基準(BMI30以上)を満たす肥満の方

 

 ※BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)

 

12 基礎疾患を証明するような書類が必要なのか

かかりつけ医からの診断書などの書類は不要です。基礎疾患がある旨をお申し出いただき、接種会場にて予診をする医師が確認します。

 

13 高齢者施設等の従事者は具体的にどのような施設の従事者か

対象の高齢者施設等には、例えば、以下の施設であって、高齢者等が入所・居住するものが含まれます。

介護保険施設

  • 介護老人福祉施設
  • 地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護
  • 介護老人保健施設
  • 介護医療院

居住系介護サービス

  • 特定施設入居者生活介護
  • 地域密着型特定施設入居者生活介護
  • 認知症対応型共同生活介護

老人福祉法による施設

  • 養護老人ホーム
  • 軽費老人ホーム
  • 有料老人ホーム

高齢者住まい法による住宅

  • サービス付き高齢者向け住宅

生活保護法による保護施設

  • 救護施設
  • 更生施設
  • 宿所提供施設

障害者総合支援法による障害者支援施設等

  • 障害者支援施設
  • 共同生活援助事業所
  • 重度障害者等包括支援事業所(共同生活援助を提供する場合に限る)
  • 福祉ホーム

その他の社会福祉法等による施設

  • 社会福祉住居施設(日常生活支援住居施設を含む)
  • 生活困窮者・ホームレス自立支援センター
  • 生活困窮者一時宿泊施設
  • 原子爆弾被爆者養護ホーム
  • 生活支援ハウス
  • 婦人保護施設
  • 矯正施設(※患者が発生した場合の処遇に従事する職員に限る)
  • 更生保護施設

 

14 仙台市に住民票があるが、実際には市外に住んでいる。今住んでいる市町村でワクチンの接種が受けられるのか

原則は、住民票上の市町村で接種を受けていただくこととなりますが、やむを得ない事情がある場合には、接種を受けることができます。

 

15 仙台市外でワクチンの接種を受ける場合のやむを得ない事情は、どのような事情なのか

  • 病院や施設に入院、入所している方
  • 通所による介護サービス事業所等で接種が行われる場合における当該サービスの利用者
  • 基礎疾患を持つ方がかかりつけ医の医療機関で接種する場合
  • コミュニケーションに支援を要する外国人や障害者等がかかりつけ医の下で接種する場合
  • 単身赴任されている方
  • 下宿している学生の方
  • 出産のため里帰りしている妊産婦の方
  • DV、ストーカー行為、児童虐待で避難している方
  • 介護のために居住している方
  • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
  • 市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
  • 災害による被害にあった方
  • 勾留または留置されている者、受刑者
  • 職域接種を受ける場合

 

16 やむを得ない事情があれば、必ず仙台市外の市町村でワクチンの接種を受けられるのか

ワクチンの接種を受ける市町村の実施体制によっては、接種を受けられない場合もありますので、接種を希望する市町村へお問い合わせください。

 

17 仙台市外でワクチンの接種を受ける場合には、どのようの手続きが必要なのか

仙台市外でのワクチンの接種を希望する事情により手続きが異なります。手続きの詳細は、ワクチンの接種を希望する市町村へお問い合わせください。また、手続きや会場でのワクチンの接種を受ける際には、仙台市から送付されたクーポン券(接種券)が必要になります。

(1) 原則、接種を受ける市町村への申請が必要な場合

  • 単身赴任されている方
  • 下宿している学生の方
  • 出産のため里帰りしている妊産婦の方
  • DV、ストーカー行為、児童虐待で避難している方
  • 介護のために居住している方

 

(2) 原則、接種を受ける市町村への申請が不要な場合

  • 病院や施設に入院、入所している方
  • 通所による介護サービス事業所等で接種が行われる場合における当該サービスの利用者
  • 基礎疾患を持つ方がかかりつけ医の医療機関で接種する場合
  • コミュニケーションに支援を要する外国人や障害者等がかかりつけ医の下で接種する場合
  • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
  • 市町村外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
  • 災害による被害にあった方
  • 勾留または留置されている者、受刑者
  • 職域接種を受ける場合

 

18 仙台市外に住民票があるが、実際には仙台市に住んでいる。仙台市でワクチンの接種が受けられるのか

原則は、住民票上の市町村で接種を受けていただくこととなりますが、やむを得ない事情がある場合に、仙台市で接種を受けることができます。手続きについては、以下のページをご覧ください。

仙台市外に住民票があり、仙台市内でワクチン接種を希望する方へ

なお、やむを得ない事情とは「15 仙台市外でワクチンの接種を受ける場合のやむを得ない事情は、どのような事情なのか」の回答と同様です。

 

お問い合わせ

仙台市新型コロナウイルスワクチン接種専用コールセンター
電話番号:0570-05-5670