現在位置ホーム > 仙台市新型コロナウイルスワクチン接種ポータルサイト > 新型コロナウイルスワクチンの個別接種について

更新日:2021年10月4日

ここから本文です。

新型コロナウイルスワクチンの個別接種について

個別接種(接種日:主に平日)

市内の医療機関で接種を実施します。予約は、各医療機関で受付を行います。

国から供給されるワクチンに限りがあるため、個別接種実施医療機関でも予約を受け付けていない場合があります。

各医療機関の受け付け日時等を「予約可能な医療機関一覧」にて、ご確認のうえ、直接ご連絡ください。

予約可能な医療機関一覧は「コロナワクチンナビ(外部サイトへリンク)」において、予約可能な会場(◇予約不要、〇予約可能、△若干空き有り)となっている医療機関を掲載しています。

予約可能な医療機関一覧

 ※予約可能な医療機関一覧は、毎週火曜日に更新予定です。

※5月に各世帯へ配布しました「ワクチンの手引き」に掲載している医療機関でも、現在ワクチン接種を行っていない場合もあります。お問い合わせの際は「予約可能な医療機関一覧」をご確認ください。

接種ワクチン

当面の間、ファイザー社製ワクチン(接種間隔:3週間)を予定しております。

特徴や有効性・安全性について、詳しくは以下の厚生労働省のホームページをご覧ください。

ファイザー社の新型コロナワクチンについて(外部サイトへリンク)

新型コロナウイルスワクチンとそれ以外のワクチンは同時に接種することはできません

新型コロナウイルスワクチンとそれ以外のワクチンは、互いに片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。季節性インフルエンザの予防接種等を予定されている方は、接種予約日にご注意ください。

(例)10月1日に新型コロナウイルスワクチンを接種した場合、季節性インフルエンザの予防接種を受けることができるのは、10月15日(2週間後の同じ曜日の日)以降になります。

円滑な接種のために

事前に予診票を入手できます

予診票は会場にありますが、事前に予診票を記載いただき、当日医療機関や会場にお持ちいただくと、受付がスムーズとなり、時間の短縮を図ることができます。

予診票は各区役所・総合支所・市民センターでも入手できるほか、予診票等についてのページからもダウンロードできます。

予約のキャンセルは忘れずに

やむを得ず予約をキャンセルする場合は、必ず事前にキャンセルの手続きをお願いします

今後の見通しについて(10月4日(月曜日)更新)

仙台市では、11月末までに希望する全ての方への接種完了を目指しており、9月30日時点で接種対象者における1回目のワクチン接種率は75%を超えています。

集団接種および個別接種で使用しているファイザー製のワクチンは国からの供給量に限りがある一方、大規模接種センターでは予約が定員に達しない状況も続いています。

これらを踏まえ、集団接種においては、幅広い年代の方を対象とする予約受付は、10月5日(火曜日)の予約枠追加をもって、最終となる予定です。また、個別接種についても、原則11月末までの対応とする予定です。

大規模接種については、10月15日(金曜日)の接種をもって、新規予約受付を終了することとなっています。

接種を希望される方は、お早めの予約手続きをお願いいたします。

なお、今後、満12歳になる方などについては、別途ワクチンが確保される予定です。国からワクチンの供給状況などが示され、接種のご案内が可能になりましたら、改めて市ホームページ等を通じてお知らせします。

12歳~15歳で接種を希望される方へ

お問い合わせ

仙台市新型コロナウイルスワクチン接種専用コールセンター
電話番号:0570-05-5670