更新日:2021年10月5日

ここから本文です。

接種の流れ

予約方法

1.クーポン券(接種券)が届く

65歳以上の方(昭和32年4月1日以前に生まれた方)

3月末にクーポン券を郵送しています。

16歳から64歳の方(昭和32年4月2日から平成18年4月1日に生まれた方)

6月下旬~7月上旬にクーポン券を郵送しています。

満12歳から15歳の方(平成18年4月2日から平成21年8月8日までに生まれた方)

8月6日(金曜日)にクーポン券を郵送しています。

今年度中に12歳になる方で、平成21年8月9日以降に生まれた方は、誕生日の頃に郵送します。

 

発送スケジュールの詳細は、「クーポン券(接種券)の発送スケジュールについて」のページをご確認ください。

 

ご自身の年齢区分の発送日から1週間以上届かない場合や紛失された場合は、コールセンター(0570-05-5670)までお問い合わせください。

2.接種方法を選ぶ

ワクチン接種は地域の医療機関で行う「個別接種」と、市民センターなどの会場で行う「集団接種」、東北大学(宮城県・仙台市)ワクチン接種センターで行う「大規模接種」のいずれかで受けることができます。

3.接種会場を予約する

「集団接種」と「個別接種」、「大規模接種」で予約方法が異なります。

集団接種

詳細は集団接種についてのページをご覧ください。

個別接種

詳細は個別接種についてのページをご覧ください。

大規模接種

詳細は大規模接種についてのページをご覧ください。

4.接種会場で接種する

当日は、自宅で体調を確認してから接種を受けるようにしてください。なお、発熱がある場合や体調が悪い場合は、接種を受けることができません。

当日必要なものは、以下のとおりです。

  • クーポン券(シールは剝がさずに、台紙ごと接種場所へ持参してください)
  • 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証、パスポートなど)
  • 予診票(接種会場に用意しています。なお、予診票等からダウンロードし、事前に記入してお持ちいただくことも可能です)

※満12歳から15歳の方は、原則として保護者の同伴が必要です。なお、その場合も、接種を受ける方の本人確認書類が必要です。

※ワクチンは、2回接種が必要です。クーポン券は、1回目の接種が終了した後も大切に保管してください。また、2回目接種後も、クーポン券右側の「予防接種済証(臨時)」は、ワクチンの接種履歴を証明する書類となりますので、大切に保管してください。

予診票等

接種に関する予診票と説明書です。事前に各区役所・総合支所・市民センターで入手でき、以下からもダウンロードできます。

また、接種当日は各接種会場にも設置しております。

事前に予診票を記載いただき、当日医療機関や会場にお持ちいただくと、受付がスムーズとなり、時間の短縮を図ることが出来ます。

満12歳から15歳の方が接種する場合には、予診票の署名欄に保護者の方の署名が必要です。

※印刷の際は、ページサイズの設定を「実際の大きさ」にして印刷してください。設定を「用紙に合わせる」にして印刷すると、全体が縮んで、機械処理の際に読み取りができなくなってしまいます。

※予診票はボールペンで記入してください。鉛筆やフリクションなどの消えるペンでは記入しないでください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

仙台市新型コロナウイルスワクチン接種専用コールセンター
電話番号:0570-05-5670