更新日:2022年11月24日

ここから本文です。

乳幼児接種の流れ

乳幼児接種の対象となる方

1回目の接種日時点で生後6か月から4歳以下の方

※5歳の誕生日の前日以降に1回目の接種を受ける場合は、乳幼児用ワクチンではなく小児用ワクチンでの接種となります。「小児接種の流れ」のページをご参照ください。

 

使用ワクチン・接種回数・接種間隔

使用ワクチン

乳幼児用ファイザー社ワクチン

接種回数・接種間隔

5歳以上と異なり3回で初回接種完了となります。

通常、3週間の間隔をおいて2回、その後8週間以上の間隔をおいて1回接種します。

【参考】接種日対応表(乳幼児接種)(PDF:567KB)

※現在、新型コロナワクチン接種の実施期間が令和5年3月31日までとなっており、それ以降の実施は未定です。実施期間内に3回の接種を完了させるためには、原則として令和5年1月13日(遅くとも1月15日)までに1回目の接種を受ける必要があります。

※1回目の接種からの間隔が3週間を超えた場合または2回目の接種からの間隔が8週間を超えた場合は、できるだけ速やかに2回目または3回目の接種を受けてください。

※乳幼児用ワクチンで1回接種したのち、初回接種完了までに5歳を迎えた場合は、1回目の接種時の年齢に基づいて判断することとし、2回目及び3回目の接種も乳幼児用ワクチンを使用します。

乳幼児接種に関する参考情報

接種は強制ではありません。接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、接種するメリットとデメリットを考慮いただき、ご判断ください。また、乳幼児は、新型コロナウイルスワクチン以外にもさまざまな予防接種がありますので、かかりつけ医にご相談の上、接種スケジュール等をご検討ください。

【生後6か月から4歳のお子さまの保護者の方向けの参考情報】

乳幼児へのワクチン接種に関する「努力義務」規定について

乳幼児に対するワクチン接種には、5歳以上の接種と同様に努力義務が課せられています。「努力義務」とは、感染症の発生やまん延を予防するために「接種を受けるよう努めなければならない」という予防接種法の規定です。努力義務は「義務」とは異なり、強制ではありません。予防接種法に基づいて行われる定期接種の多くのもの(4種混合、麻しん、風しんの予防接種など)にも、同じ規定が適用されています。

なお、日本小児科学会予防接種・感染症対策委員会では、生後6か月以上5歳未満の小児への新型コロナワクチン接種についても、これまでの5歳~17歳の小児におけるワクチンの有益性も考慮したうえで、メリット(発症予防)がデメリット(副反応等)を上回ると判断し、「生後6か月以上5歳未満のすべての小児に新型コロナワクチン接種を推奨する」としています。

<参考資料>
日本小児科学会予防接種・感染症対策委員会「生後6か月以上5歳未満への小児への新型コロナワクチン接種に対する考え方」(PDF:349KB)

 

乳幼児接種の流れ

1.接種券が届く

令和4年10月末より段階的に各ご家庭にお送りします。

接種券の発送スケジュールは「初回接種の接種券発送スケジュール」のページをご確認ください。

接種券の見方などについては「接種券について」のページをご確認ください。

届いた接種券が未使用で5歳の誕生日を迎えた場合について

乳幼児用のワクチンを接種する場合も、5歳の誕生日を迎えて小児用のワクチンを接種する場合も、接種券は同じものです。新たに接種券は送付されませんので、お手元の接種券を使用してください。小児用ワクチンを使用する場合は、初回接種用接種券に同封している3回目接種用の接種券は使用しませんので、破棄してください。

2.接種会場を選び、予約する

乳幼児接種は、「個別接種」で実施しています。「小児・乳幼児接種実施医療機関一覧」をご確認いただき、直接病院へご連絡ください。

3.接種会場で接種する

当日は、自宅で体調を確認してから接種を受けるようにしてください。なお、発熱がある場合や体調が悪い場合は、接種を受けることができません。

当日必要なものは、以下のとおりです。

  • 接種券(予診票と一体になっています。予診票部分は、事前に記入してお持ちいただくことが可能です。接種券には接種回数が印字されていますので、接種回数に該当する接種券を会場にお持ちください。)
  • 接種を受ける方本人の本人確認書類(マイナンバーカード、健康保険証、パスポートなど)
  • 母子健康手帳(他の予防接種の履歴の確認やワクチンの接種記録のために使用します。ご事情により母子健康手帳をお持ちでない方は、接種券に同封している「予防接種済証(様式)」をご持参ください。なお、母子健康手帳を本人確認書類として使用することも可能です)

※保護者の方の同伴が必要です。また、予診票の署名欄には保護者の方の署名が必要です。

※上記のほか、お薬手帳をお持ちの方は、予診の際にご提示いただくと、予診を担当する医師が参考にすることができます

「新型コロナワクチンの説明書」

説明書(ファイザー社・乳幼児用ワクチン)初回(1・2・3回目)接種用(PDF:1,020KB)

4.接種した証明書

接種後、母子健康手帳に新型コロナワクチンを接種したことを証明する記載がなされます。母子健康手帳をお持ちでない方は、「予防接種済証明書」が交付されます。紛失しないよう、大切に保管してください。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

仙台市新型コロナウイルスワクチン接種専用コールセンター
電話番号:0120-39-5670