更新日:2022年6月13日

ここから本文です。

初回接種(1・2回目)の流れ

初回接種の対象となる方

今までに1回目・2回目の接種を受けたことが無い満12歳以上の方

※満12歳の誕生日の前日以降に1回目の接種を受ける場合は、12歳以上のワクチンを使用します。小児用ワクチンは使用できません。

※満5歳の誕生日の前日から満12歳の誕生日の前々日までに1回目の接種を受ける方は「小児接種の流れ」をご参照ください。

1.接種券が届く

初回接種の接種券は、令和3年度中にお送りしています。1回目または2回目の接種がお済みでない方で、お手元に接種券が無い方は、接種券の再発行申請を行ってください。

なお、小児用のワクチンを接種する場合も、12歳の誕生日を迎えて、12歳以上用のワクチンを接種する場合も、接種券は同じものです。新たに接種券は送付されませんので、お手元の接種券を使用してください。

接種券の見方などについては「接種券について」のページをご確認ください。

2.接種方法を選び、予約する

初回接種(1・2回目)は、地域の医療機関で行う「個別接種」、市民センターなどの会場で行う「集団接種」、宮城県が運営する「大規模接種」のいずれかで受けることができます。ワクチン接種には予約が必要です。「個別接種」、「集団接種」、「大規模接種」では接種日や予約方法などが異なりますので、詳細は各ページでご確認ください。

※集団接種の空き状況は「集団接種予約カレンダー」のページをご覧ください。

 

3.接種会場で接種する

当日は、自宅で体調を確認してから接種を受けるようにしてください。なお、発熱がある場合や体調が悪い場合は、接種を受けることができません。

当日必要なものは、以下のとおりです。

  • 接種券(予診票と一体になっています。予診票部分は、事前に記入してお持ちいただくと、受付がスムーズです。接種券には接種回数が印字されていますので、ご自身の接種回数に該当する接種券を会場にお持ちください。)
  • 本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証、パスポートなど)
  • 予防接種済証(様式)(接種会場で予防接種済証を交付するための様式です。接種券に同封しています。)
    ※15歳以下の方は、保護者の同伴が必要です。なお、その場合も、接種を受ける方の本人確認書類が必要です。
    ※令和4年2月28日までに発送した1・2回目接種用の接種券は、2回分の接種券や接種済証が1枚の台紙に張りつけられているシール形式の接種券となっています。シール形式の接種券をお持ちの方は、接種券(台紙ごと)、本ページに記載している予診票、本人確認書類をお持ちください。

シール形式の接種券をお持ちの方の予診票

シール形式の接種券をお持ちの方の接種に関する予診票です。事前に各区役所・総合支所・市民センターで入手でき、以下からもダウンロードできます。また、接種当日は各接種会場にも設置しております。

  • 予診票(ファイザー社、武田/モデルナ社共通)(初回接種(1・2回目)を受ける方)(PDF:391KB)
    ※印刷の際は、ページサイズの設定を「実際の大きさ」にして印刷してください。設定を「用紙に合わせる」にして印刷すると、全体が縮んで、機械処理の際に読み取りができなくなってしまいます。
    ※予診票は油性ボールペンなど消えないペンで記入してください。鉛筆や熱でインクが消えるペンなどでは記入しないでください。
    ※追加接種の方や令和4年3月1日以降に発送している方は、接種券と予診票が一体となった「接種券付予診票」を発送いたします。本ページに掲載している予診票はお使いいただけません。

「新型コロナワクチンの説明書」

予診票の質問項目に記載の「新型コロナワクチンの説明書」は以下のとおりです。ご自身が接種する種類のワクチンの説明書をご確認ください。

初回接種(1・2回目)の方

4.接種後の証明

接種後、接種会場で交付される「予防接種済証」は、新型コロナワクチンを接種したことを証明する書類となります。紛失しないよう、大切に保管してください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

仙台市新型コロナウイルスワクチン接種専用コールセンター
電話番号:0120-39-5670