現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > ペット・野生鳥獣 > ペット・保護動物 > お知らせ > 動物の愛護および管理に関する法律が改正されています

更新日:2019年7月22日

ここから本文です。

動物の愛護および管理に関する法律が改正されています

動物の愛護および管理に関する法律が改正されています

動物の愛護及び管理に関する法律が改正され、平成25年9月1日より施行されています。
主な改正点は以下の通りです。動物取扱業に関する詳細は動物取扱業のページをご覧下さい。

愛護法改正(一般飼い主編)(PDF:1,170KB)

第一種動物取扱業者に対する規制の強化

幼齢な犬猫の販売規制
犬猫等の健康安全計画の提出
販売時の現物確認と対面による説明の義務化
犬猫等に関する帳簿の作成と報告の義務化

第二種動物取扱業の届出

動物の譲渡活動を行うシェルターなどのように、営利性がなくても施設を有して一定数の動物を飼養する場合には第二種動物取扱業として届出が必要となります。

犬猫の引取り拒否

都道府県知事等は、終生飼養の原則に反すると判断された場合、飼い主からの犬猫の引取りを拒否できることが明記されました。

罰則の強化

愛護動物の殺傷、虐待および遺棄などの罰則が強化されました。

詳細は添付ファイル(愛護法改正パンフレット)をご覧下さい。

愛護法改正(一般飼い主編)(PDF:1,170KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

健康福祉局動物管理センター

仙台市宮城野区扇町6-3-3

電話番号:022-258-1626

ファクス:022-258-1815