現在位置ホーム > 事業者向け情報 > 契約・入札 > お知らせ・その他 > 2019年度 > 仙台市東部沿岸部の集団移転跡地の利活用に係る事業者の第3次募集について

更新日:2019年9月2日

ここから本文です。

仙台市東部沿岸部の集団移転跡地の利活用に係る事業者の第3次募集について

 本市では、津波被災地域における防災集団移転促進事業により、市が取得した土地(集団移転跡地)を利活用し、民間の自由な発想を生かして仙台の新たな魅力を創出するため、利活用を希望する事業者の募集を平成29年度から実施しています。

 これまでに決定した13の事業のうち、1つはすでに利活用を開始しており、他の事業も来年度以降、順次利活用を開始する見込みです。

 このたび、今回新たに募集区画に加えた4区画を含む4地区10区画において、本市とともに利活用を進めていただく事業者の第3次募集を行います。

集団移転跡地利活用に係る事業者の第3次募集の「応募要領」を公表します。

集団移転跡地利活用に係る事業者の第3次募集の応募要領は、以下からダウンロードできます。

 

事業候補者決定手続きの概要

 詳細は応募要領(3次募集)をご覧ください。

 

3次募集スケジュール
期間 内容

令和元年8月26日(月曜日)~8月30日(金曜日)

応募要領に関する質問受付期間(終了)

令和元年9月24日(火曜日)~10月7日(月曜日)

事業提案書提出期間

令和元年12月上旬

事業候補者決定の通知

 

1.応募要領(3次募集)に関する質問・回答

 ※ 質問に対する回答を掲載しました。(令和元年9月2日)

 回答した内容に応じて、応募要領や関係書類の記載の補足、修正とさせていただきますので、質問されなかった方も掲載期間中にぜひご覧ください。

質問の受付期間(終了)

  • 令和元年8月26日(月曜日)~令和元年8月30日(金曜日)

回答の掲載

 応募要領に関する質問に対する回答は、以下のPDFファイルからご覧いただけます。

 

2.事業提案書の提出

 応募書類の提出後に、書類に不備が認められた場合、提出期間中の修正・追加は可能としますが、提出期間終了後は一切の追加・変更等を認めませんので、精査の上でご提出ください。

 (必要書類に不備がある場合は失格となります。)

 

  • 受付期間 令和元年9月24日(火曜日)~令和元年10月7日(月曜日)午後5時まで

  電話及び持参の受付は、平日の午前9時から午後5時までです。

  • 提出先 都市整備局復興まちづくり課

  〒980-8671 仙台市青葉区国分町3-7-1 市役所本庁舎7階

  電話番号  022-214-8584(直通)

  • 提出方法 持参又は郵送により、以下の提出書類を提出

  郵送の場合は配達証明付郵便に限り、提出期限の最終日(令和元年10月7日)必着です。

  • 提出書類
  1. 事業提案書(様式2)・・・10部
  2. 事業提案内容書(様式3)・インフラ関係等報告書(様式3 別紙)・・・各10部
  3. 提案図面集(様式4)・・・10部
  4. 定款、規約、会則その他これらに類する書類

   (応募者が団体である場合又は複数事業応募の構成員に団体を含む場合)・・・10部

   ※ 法人等の紹介パンフレット等を作成している場合には、参考として添付してください。

  5.構成員一覧表(様式5)(複数事業者応募をする場合)・・・1部

  6.法人登記履歴事項全部証明書(原本)(応募者が法人である場合)・・・1部

  7.団体役員一覧表(様式6)(応募者が法人格のない団体である場合)・・・1部

  8.本籍地の市区町村が発行する「身元(身分)証明書(原本)」

   (応募者が個人または法人格のない団体である場合)・・・1部       

  9.本市が発行する「市税の滞納がないことの証明書(原本)」・・・1部

  10.誓約書(様式7-1または様式7-2)・・・1部

3.応募資格及び用途適合性の審査

 提出された事業提案は、まず初めに事業者の資格の確認と、計画する建築物の用途が、法令等により禁止されるものでないかどうかを確認します。

 「応募資格」がないと認められた場合や「禁止する用途」であることが明らかである場合は、その提案は失格とします。

応募資格及び用途適合性の審査結果通知

 審査の結果、残念ながら失格となった提案の応募者には、事業提案書提出期限の概ね10日後ころまでに、文書でお知らせします。

4.事業者の選定

事業者の決定方法

 応募資格及び用途適合性の審査に合格した応募者の事業提案書の内容は、外部の専門家を含めた「仙台市集団移転跡地利活用事業者選定委員会」(以下「選定委員会」といいます。)において評価を行い、その結果をふまえて本市が事業候補者を決定し、本契約に向けて協議を開始します。

評価項目及び評価の視点

 利活用方針で示した基本理念や土地利用方針に則した提案となっているかなどについて、地区ごとに評価基準を設定しています。

選定評価の流れ

 提案いただいた事業提案書について、選定委員会において審査を行います。なお、応募者に対して、文書により質疑応答を行うなどした場合は、その回答内容も踏まえた評価を行います。

選定結果の通知

 移転跡地利活用事業者の選定結果は、令和元年12月上旬ころまでに、文書により各応募者に通知します。

 

第3次募集以降の募集について

 第3次募集を行っても事業者が決定しない区画等がある場合は、提案書を先着順(同日有効)で受け付け、事業候補者を選定する「常時募集」を行う予定です。

 常時募集では応募に必要な書類の提出期限を設けませんが、仙台市の支援工事は縮小しますので、第3次募集での積極的な応募をお願いします

  ※ 常時募集の実施の有無については、第3次募集締め切り後の10月中に公表予定です。

 

〔参考〕関係ホームページのリンク

 応募要領に掲載されている仙台市の関連ホームページは、以下からご覧いただけます。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

都市整備局復興まちづくり課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎7階

電話番号:022-214-8584

ファクス:022-214-8350