現在位置ホーム > くらしの情報 > くらしの安全・安心 > 防災・災害対策 > 津波避難訓練を実施しました

更新日:2017年11月21日

ここから本文です。

津波避難訓練を実施しました

「津波防災の日」に津波避難訓練を実施しました

本市では、平成25年度以降、東日本大震災を教訓とし、津波から命を守ることを目的とした津波避難訓練を毎年実施しております。今年も、平成29年11月5日(日曜日)の「津波防災の日」に、宮城県に大津波警報が発表されたという想定で津波避難訓練を実施しました。当日は、津波避難エリア内にお住まいや、お勤めの皆様など、1,042名が訓練に参加されました。訓練の様子をお知らせします。

津波避難訓練の概要はこちらです。

津波避難施設・場所への避難

平成29年11月5日(日曜日)の午前8時33分、宮城県に大津波警報が発表されたという想定のもと、実際の災害時同様に、津波情報伝達システムや緊急速報メールなどによる津波避難広報訓練を行いました。また、訓練参加の方々は、発表された訓練情報をもとに、津波避難施設など安全な場所までの避難を行いました。

避難の丘に避難した様子の画像
避難の丘に避難した様子

階段の扉を破る様子の画像
避難階段の入口扉を蹴って開ける様子

避難階段の上部に避難した様子の画像
避難階段の上部に避難した様子

仙台市立岡田小学校屋上に避難した様子の画像
仙台市立岡田小学校の屋上に避難した様子

地域の町内会長が説明を行う様子の画像
地域の町内会長が説明を行う様子

仙台市消防局ヘリコプターによる救助訓練

大津波警報の発表により、車両の進入が制限された施設からの救助を想定して、上空からの救助訓練を実施しました。

救助する隊員が到着した様子の画像
救助する隊員が降りる様子

吊り上げ救助訓練の様子の画像
救助される様子

宮城海上保安部巡視船による海上巡視訓練

仙台港においては、大津波警報の発表を受け、宮城海上保安部の巡視船が、在港の船舶に対し、沖への避難や係留の強化を呼びかけました。

巡視船が広報訓練を実施する様子の画像
巡視船が仙台港内で広報訓練を行う様子

お問い合わせ

危機管理室減災推進課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-3109

ファクス:022-214-8096