現在位置ホーム > くらしの情報 > くらしの安全・安心 > 防災・災害対策 > 仙台市総合防災訓練 > 平成30年度津波避難訓練を実施しました

更新日:2018年11月28日

ここから本文です。

平成30年度津波避難訓練を実施しました

平成30年11月5日(月曜日)の「津波防災の日」に仙台市東部において津波避難訓練を実施しました。当日は、午前8時45分に三陸沖を震源とするマグニチュード9.0、市内における最大震度は6強の地震が発生し、午前8時48分に宮城県に大津波警報が発表(午前9時30分に仙台港に7メートルの津波が到達する)されたという想定のもと、津波避難広報訓練、津波避難訓練を実施しました。当日は9,437名が訓練に参加しました。当日の様子をお知らせします。

津波避難訓練

各学校では、大津波警報が発表された場合に取るべき行動(上階への避難等)を実施しました。また、津波避難施設、場所では訓練参加者の受け入れ訓練を実施しました。

仙台市立岡田小学校の児童が屋上に避難した様子

仙台市立岡田小学校の屋上に児童が避難した様子

仙台市立東四郎丸小学校の屋上に避難した様子

仙台市立東四郎丸小学校の屋上に訓練参加者および児童が避難した様子

仙台港ビジネスサポートセンター(アクセル)の屋上に避難した様子

仙台港ビジネスサポートセンター(アクセル)の屋上に避難した様子

仙台東部道路の避難階段に避難した様子

仙台東部道路の避難階段に避難した様子

津波避難広報訓練

大津波警報の発表を受けて、津波情報伝達システムによる広報や緊急速報メールの配信を行ったほか、消防車両や区役所広報車両による広報訓練を実施しました。あわせて、交通量の多い交差点においては、宮城県警察本部の警察官による交通規制訓練を実施しました。また、仙台港においては宮城海上保安部の巡視船が、在港の船舶に係留の強化や沖への避難を呼びかける広報訓練を実施しました。

宮城県警察による交通規制訓練の様子

宮城県警察仙台東警察署による交通規制訓練の様子

宮城海上保安部の巡視船による広報訓練の様子

宮城海上保安部の巡視船による広報訓練(仙台港)の様子

ヘリコプターによる救助訓練

仙台市立東四郎丸小学校においては、車両の進入が出来ない場所からの救助を想定したヘリコプターによる吊り上げ訓練を実施しました。

ヘリコプターが東四郎丸小学校の上空に到着した様子

 

ヘリコプターが仙台市立東四郎丸小学校の上空に到着した様子

吊り上げ救助訓練の様子

吊り上げ救助を実施する様子

アンケート調査結果について

今後の津波避難訓練の参考とするため、訓練参加者にアンケート調査を実施しました。集計結果をお知らせします。

アンケート調査用紙(PDF:109KB)

アンケート調査集計結果(PDF:240KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

危機管理局減災推進課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-3109

ファクス:022-214-8096