現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2019年度(令和元年度) > 10月 > ー令和元年台風19号の被災地支援ー福島県に下水道施設の復旧に関する下水道技術職員を派遣します

更新日:2019年10月25日

ここから本文です。

ー令和元年台風19号の被災地支援ー福島県に下水道施設の復旧に関する下水道技術職員を派遣します

ー令和元年台風第19号の被災地支援ー福島県に下水道施設の復旧に関する下水道技術職員を派遣します


このたび、仙台市では、福島県からの要請を受け、下水道施設の復旧支援を行う下水道技術職員1名を派遣します。
福島県では令和元年台風第19号の影響により下水処理施設が被害を受けており、東日本大震災の際に下水処理施設の復旧経験のある本市が派遣要請を受けたものです。
なお、現地の状況を踏まえ、今後の職員派遣についても検討を行っていきます。

派遣期間

10月28日(月曜日)~11月3日(日曜日・祝日) 7日間
※28日(月曜日)市役所を出発します
※派遣職員の出発式は行いません

派遣場所

福島県福島市

派遣職員(1名)

建設局下水道事業部南蒲生浄化センター 所長 増子 浩規(ますこ・ひろのり)

主な支援内容

下水道施設の被災状況の把握、復旧に向けたマネジメント業務など

お問い合わせ

建設局下水道計画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎5階

電話番号:022-214-8830

ファクス:022-268-4318