更新日:2021年1月15日

ここから本文です。

1.資源とごみの分け方と出し方の基本

資源を大切にするために、リサイクルできるものとできないものに分けます。
リサイクルできるものは、種類ごとに分けて出します。

集積所(決まっている場所)に出すもの

集積所は、ごみを集めるまでの間、一時的にごみを置く場所です。

集積所ごとに利用できる人は決まっています。あなたが利用できる集積所を、近所の人やアパートの管理会社に聞いて、たしかめてください。

集積所に出すごみは、集める日の朝8時30分までに出してください。

リサイクルできないもの

家庭ごみイラスト/例(生ごみ、ぬいぐるみ、かさ) 週2回集めます 家庭ごみの出し方

リサイクルできるもの

プラスチック製容器包装イラスト/例(ソースのボトル、おかしの袋、カップめんのカップ 週1回集めます プラスチック製容器包装の出し方

リサイクルできるもの

缶・びん・ペットボトルなどイラスト/例(アルミ缶、ガラスびん、ペットボトル) 週1回集めます 缶・びん・ペットボトルなどの出し方

リサイクルできるもの

紙類紙類イラスト 月2回集めます 紙類の出し方

申し込みをして、別に指定された場所に出すもの

粗大ごみ

イラスト/例(いす、ソファー、カラーボックス、机、自転車) 粗大ごみの出し方

市では集めないもの

テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、エアコン、洗濯機・衣類乾燥機

イラスト/ブラウン管型テレビ、液晶・プラズマ式テレビ、冷凍冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機、エアコン

出し方

パソコン

イラスト/デスクトップパソコン、ノートパソコンなど

出し方

市で処理が難しいもの

イラスト/例(タイヤ、消火器、バッテリー、ペンキ、ピアノなど) 出し方

店や仕事場、学校、その他家庭以外から出たごみ

イラスト/レストラン 出し方

 

お問い合わせ