現在位置ホーム > 事業者向け情報 > 建築・都市開発・災害対策 > 防災・防火 > 高圧ガス・液化石油ガス・火薬類関係事務 > 新型コロナウイルスの影響を踏まえた液化石油ガス法で定める点検・調査期間の猶予措置等について

更新日:2020年8月27日

ここから本文です。

新型コロナウイルスの影響を踏まえた液化石油ガス法で定める点検・調査期間の猶予措置等について

液化石油ガス法で定められている点検・調査等の期限について制度改正がありました

新型コロナウイルスの影響により、液化石油ガス供給設備・消費設備の点検・調査や、業務主任者の義務講習等について、その期限の延長を可能とする制度改正がありました。液化石油ガス法関係事業所の方は以下の改正内容をご確認ください。

1.液化石油ガス供給設備・消費設備の点検・調査の猶予措置

液化石油ガス供給設備点検及び消費設備調査について、期間内に行わなければならない点検・調査の期間が延長されました(令和2年4月10日から同年11月30日までに期間が終了する者について4か月間)。

2.認定販売事業者の保安確保機器の期限管理の延長措置

認定販売事業者が認定対象消費者の供給設備及び消費設備に設置している保安確保機器のうち、ガスメーターの期限については令和2年4月から同年7月までに管理期間が終了するものについては6か月、またその他の保安確保機器の期限管理については令和2年4月から同年11月までに管理期間が終了するものについては4か月、それぞれ延長が可能となりました。

3.業務主任者の義務講習受講期限の再延長措置

液化石油ガス販売事業所の業務主任者が選任後6か月以内に受けなければならない義務講習の受講期限が延長されました(令和2年2月1日から令和3年3月31日までに受講期限を迎える場合には、令和3年3月31日まで(令和2年度内)に受講すれば良い)。

 

※詳細な措置内容は、こちらの経済産業省ホームページ(外部サイトへリンク)に掲載されています。

お問い合わせ

消防局危険物保安課

仙台市青葉区堤通雨宮町2-15

電話番号:022-234-1111

ファクス:022-234-1411