現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2016年度(平成28年度) > 3月 > 日本郵便株式会社と高齢者および障害者の見守り活動に関する協定を締結します

更新日:2017年3月16日

ここから本文です。

日本郵便株式会社と高齢者および障害者の見守り活動に関する協定を締結します

(担当)健康福祉局障害企画課
(電話)022-214-8163

(担当)健康福祉局高齢企画課
(電話)022-214-8168

日本郵便株式会社と高齢者および障害者の見守り活動に関する協定を締結します

高齢者や障害者が、住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるよう、地域の重層的な見守り体制を充実させるため、本市と日本郵便株式会社(市内の郵便局)が相互に協力する「高齢者・障害者の見守り活動に関する協定」を締結します。
本市が障害者を含む見守り活動に関する協定を締結するのは、今回が初めてです。

1 協定締結式

  1. 日時 3月16日(木曜)10時から10時20分
  2. 会場 市役所本庁舎3階 第一応接室
  3. 次第
    (1)協定の概要説明
    (2)協定締結
    (3)あいさつ 日本郵便株式会社東北支社長 粂井 利久(くめい・としひさ)氏、市長
  4. 出席者
    日本郵便株式会社東北支社長 粂井 利久氏
    仙台中央郵便局長 相沢 英男(あいざわ・ひでお)氏
    仙台岡田郵便局長 三浦 寿明(みうら・としあき)氏
    市長、健康福祉局長

2 協定の主な内容

市内郵便局の社員が業務中に高齢者・障害者宅を訪問する際、下記のような異変に気づき必要と判断した場合には、区障害高齢課または総合支所保健福祉課に連絡する。また緊急時には消防や警察に通報等を行う。

(異変があると思われる例)

  • 郵便受けに新聞やチラシなどがたまっている。
  • 日中でも外灯が点灯されたままだったり、日没後でもカーテンが閉められておらず、人影も確認できない。
  • ひんぱんに大声が聞こえたり、物を投げる音がする等、虐待の恐れがあると思われる。

3その他

(1)市内の郵便局数  126局
(2)過去の高齢者の見守り活動に関する協定締結先(3者)
みやぎ生活協同組合(平成25年1月)、河北新報取扱店(平成27年1月)、仙台市ガス局(平成29年2月)

お問い合わせ

健康福祉局障害企画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8163

ファクス:022-223-3573

健康福祉局高齢企画課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8168

ファクス:022-214-8191