更新日:2022年5月30日

ここから本文です。

学校生活における児童生徒等のマスクの着用について

 「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」の変更を踏まえ、文部科学省より、学校生活における児童生徒等のマスクの着用についての考え方が改めて示されました。これまでと取扱いが変わるものではありませんが、特にこれから夏季を迎えるに当たり、留意が必要な点が例示されました。

マスク着用の考え方(文部科学省リーフレットより抜粋)

  • 人との距離(2m以上を目安)が確保でき、会話をほとんど行わない等の場合においては、マスクの着用は必要ない
  • 学校生活においては、十分な身体的距離が確保できる場合等は、体育の授業や運動部活動、登下校の際にはマスクの着用は必要ない
  • 夏場は、熱中症防止の観点から、マスクが必要ない場面では、マスクを外すことを推奨する

留意が必要な点

  • 十分な身体的距離が確保できる場合等は、屋外の運動場に限らず、プールや屋内の体育館等を含め、体育の授業の際には、マスクの着用は必要ない
  • 運動部活動についても、体育の授業に準じつつ、活動の実施に当たっては、各競技団体が作成するガイドライン等も踏まえて対応することが重要
  • 熱中症リスクが高い夏場においては、登下校時にマスクを外すよう指導する等、熱中症対策を優先し、マスクの着用は必要ない 等

文部科学省「マスクの着用に関するリーフレットについて」(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

教育局健康教育課

仙台市青葉区上杉1-5-12 上杉分庁舎11階

電話番号:022-214-8881

ファクス:022-268-2935