現在位置ホーム > くらしの情報 > 学ぶ・楽しむ・活動する > 教育 > 仙台市教育委員会トップページ > 学校教育関連情報 > 学校給食・保健・体育・安全 > 新型コロナウイルス感染症に係る予防措置及び発生時の対応について

更新日:2020年11月1日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症に係る予防措置及び発生時の対応について

 新型コロナウイルス感染症に係る予防措置及び学校において感染者が発生した場合の、本市教育委員会の対応につきまして、下記のとおりお知らせいたします。
なお、今後の感染の広がり等、状況の変化により、対応を変更する場合は、改めてお知らせいたします。

新型コロナウイルス感染症に係る予防措置について

一般的な予防について

  • 下校後、帰宅した際などは入念な手洗い・うがい等を徹底させてください。
  • 不要な外出は極力避けていただき、やむを得ず外出する場合には、人混みをなるべく避けるとともに、手洗い、混み合った場所でのマスクの着用、咳エチケットの徹底をお願いします。

お子様の体調等について

  • 毎朝、お子様の体調の観察や体温の検温を行うなど、健康管理にご配慮願います。また、風邪の症状や発熱、強いだるさや息苦しさがある場合など、体調が優れない場合等、登校に不安を感じる場合には、無理をさせず学校を休ませ、外出は控えさせるようにしてください。この場合、インフルエンザ等と同様「出席停止」扱いといたします。
    ※出席停止扱いとなると、「欠席」とは扱われません。
    ※お子様の体調が優れない場合のほか、保護者の方が不安を感じてお子様を登校させない場合にも「出席停止」扱いといたします
  • 学校を休ませる場合は、発熱の状況や解熱剤服用の有無、症状(咳、のどの痛み、だるさ、息苦しさ等)についても併せて学校にお知らせ願います。
  • 登校後、高熱・咳が認められる場合は、学校から保護者に連絡のうえ、お子様を帰宅させますのでご了承願います。
  • お子様のほか、同居の家族に新型コロナウイルスの感染者(濃厚接触者を含)が発生した場合は、学校にも情報提供いただきますようお願いします。 

 

新型コロナウイルスの感染者が発生した場合の対応について

臨時休校、出席停止の取り扱い等について

  • 感染者が発生した場合、学校を臨時休校とするなどの対応をとります。
  • 新型コロナウイルス感染症と診断された児童生徒は、他者への感染の恐れが無いと判断されるまでは出席停止とします。
  • 感染者の児童生徒と濃厚接触があったと判断された児童生徒につきましても、2週間程度、自宅で経過観察していただく可能性があります。

 令和2年11月以降の取り扱い:新型コロナウイルス感染症対策における仙台市立学校の臨時休校期間の変更について(保護者あてお知らせ)(PDF:170KB)

保健所の疫学調査への協力について

  • 新型コロナウイルス感染症と診断された児童生徒と濃厚接触があったと保健所が判定した場合につきましては、保健所から保護者の方に対しお子様の健康状態や行動履歴等の聴き取り調査などが想定されますので、ご協力をお願いいたします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

教育局健康教育課

仙台市青葉区上杉1-5-12 上杉分庁舎11階

電話番号:022-214-8882

ファクス:022-268-2935