現在位置ホーム > くらしの情報 > 手続きと相談 > 生活に困ったとき > 生活保護その他 > 新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金(申請期間が8月31日まで延長されました)

更新日:2022年5月9日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金(申請期間が8月31日まで延長されました)

新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた生活福祉資金貸付制度における総合支援資金の特例貸付における再貸付を終了した世帯などで一定の要件を満たす世帯を対象に、「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」(以下「自立支援金」と言います。)を支給します。

※仙台市では、令和3年7月1日から「仙台市新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金事務センター」を開設し、申請の受付を行っております。

 

<自立支援金の再支給については、こちらをご覧ください。>

 

支給要件

次の1~8のいずれにも該当する方が対象となります。

1. 次のいずれかに該当すること

 ア 社会福祉協議会が実施する総合支援資金の特例貸付における再貸付(以下「再貸付」と言います。)を受けた方で、自立支援金の申請日の属する月の前月までに当該再貸付の最終借入月が到来していること

 イ 再貸付を受けている方であって、申請日の属する月が当該再貸付の最終借入月であること

 ウ 再貸付の申請をしたが、自立支援金の申請日以前に不決定となったこと

 エ 再貸付の申請を行うために、自立相談支援機関(仙台市の場合、仙台市生活自立・仕事相談センター「わんすてっぷ」)への相談を行ったが、支援決定を受けることができず、申請日以前に再貸付の申請をできなかったこと

※再貸付の申請受付期間終了後の令和4年1月以降は、緊急小口資金及び総合支援資金(初回貸付)の特例貸付を借り終わった又は申請日の属する月が当該初回貸付等の最終借入月である世帯も対象となります(所得要件等は同じ)。

2. 申請日の属する月において、世帯の生計を主として維持している方

3. 申請日の属する月における、世帯員全員の合計収入が、次の表の金額を超えないこと(ただし、未成年かつ就学中の方の収入は含めません)

世帯人員ごとの収入合計額
世帯人数 収入の合計額

1人

121,000円

2人

174,000円

3人

220,000円

4人

262,000円

5人

303,000円

4. 世帯の預貯金及び現金の合計額が、次の表の金額を超えないこと
世帯人員ごとの預貯金の合計額
世帯人数 預貯金等の合計額
1人 504,000円
2人 780,000円
3人以上 1,000,000円

5. 次のいずれかに該当すること

 ア 公共職業安定所(ハローワーク)等に求職の申し込みをし、期間の定めのない労働契約または期間の定めが6か月以上の労働契約による就職を目指し、以下のすべての求職活動を行う方

  • 月1回以上、仙台市生活自立・仕事相談センター「わんすてっぷ」での面接等の支援を受ける
  • 月1回以上、ハローワーク等で職業相談等を受ける
  • 月1回以上、求人先へ応募を行うまたは求人先の面接を受ける

 ※今般の物価高騰等に対応する経済対策の趣旨を踏まえ、当面の間、求職活動の要件が上記のとおり緩和されています。今後変更がある場合には、改めてお知らせいたします。

 イ 生活保護の対象であるが、まだその決定を受けていない方

6. 世帯員全員が生活保護及び職業訓練受講給付金を受けていないこと

7. 偽りその他不正な手段により再貸付等の申請を行っていないこと

8. 世帯員全員が暴力団員でないこと

支給額

単身世帯:月額6万円

2人世帯:月額8万円

3人以上世帯:月額10万円

支給期間

最大3か月間

※初回の支給期間に誠実かつ熱心な求職活動を行ったにもかかわらず、なお自立への移行が困難であった方については、再支給(最大3か月間)の対象となります。

申請方法

仙台市新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金事務センターへの申請となります。感染拡大防止のため、可能な限り郵送での申請をお願いいたします。

※紛失防止のため、簡易書留レターパックプラス等のご利用を推奨いたします。

※来所相談・申請も可能ですので、下記申請先にご相談ください。

申請先

仙台市新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金事務センター

〒980-0802 仙台市青葉区二日町2-1 キムラオフィスビル3階

申請に必要な書類

申請時点で住居確保給付金を受給中の方は、住居確保給付金支給決定通知の提出があれば、下記の3、5、6の提出を省略できます。

1. (様式第1-1号)申請書(エクセル:35KB)

  (様式第1-1号)申請書(記載例)(エクセル:40KB)

2. (様式第1-2号)申請時確認書(エクセル:34KB)

3. 世帯員全員の住民票の写し(申請日から3か月以内に交付されたもの)

4. 【総合支援資金の再貸付を受け終わった方または再貸付が借入最終月である方】

 ア 再貸付の借用書(控)の写しまたは再貸付の貸付決定通知書の写し

 イ 再貸付の振込状況がわかる通帳(※)の写し

 ウ アが用意できない場合は、

  (様式第1-3号)再貸付不承認・過去借入状況申告書(エクセル:26KB)

  (様式第1-3号)再貸付不承認・過去借入状況申告書申告書(記載例)(エクセル:27KB)

【総合支援資金の再貸付を申請したが、不承認となった方】

 ア 再貸付の不承認通知の写し

 イ アが用意できない場合は、緊急小口資金及び総合支援資金の借入状況がわかる通帳(※)の写しと

  (様式第1-3号)再貸付不承認・過去借入状況申告書(エクセル:26KB)

 【総合支援資金の再貸付の申請のために必要な自立相談支援機関による支援決定を受けることができず、再貸付の申請ができなかった方】

 ア (様式第1-3号)再貸付不承認・過去借入状況申告書(エクセル:26KB)

 イ 緊急小口資金及び総合支援資金の借入状況がわかる通帳(※)の写し

5. 申請者及び申請者と同一の世帯に属する方のうち、収入がある方についての申請日が属する月の収入が確認できる書類の写し

6. 申請者及び申請者と同一の世帯に属する方の、申請日時点の金融機関の通帳(※)の写し

7. 生活保護を申請中の場合は、保護申請書の写し(保護の実施機関の受領印があるもの)

8. 振込先口座(※)の金融機関名、支店名、口座番号、口座名義人がわかる書類(通帳の該当部分の写し等)

※ 電子的にのみ管理している場合(いわゆるweb通帳)はその画面の写しで可。

申請期間

令和3年7月1日(木曜日)~令和4年8月31日(水曜日)消印有効 

お問い合わせ先

仙台市新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金事務センター

022-748-5245、022-748-5246

受付時間:9時~18時(平日のみ)

 

 

(厚生労働省設置)新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金相談コールセンター

厚生労働省の設置するコールセンターでも、制度に関するお問い合わせを受け付けております。

0120-46-8030

受付時間:9時~17時(平日のみ)

 

 
 
 

お問い合わせ

仙台市新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金事務センター
〒980-0802 仙台市青葉区二日町2-1 キムラオフィスビル3階
電話番号:022-748-5245、022-748-5246