現在位置ホーム > くらしの情報 > 住みよい街に > まちづくり > 防災環境都市づくり(震災復興メモリアル事業、エネルギー政策を含む) > 企画展「街からの伝言板 ―紡がれたことばたち―」を開催します せんだい3.11メモリアル交流館

更新日:2017年1月17日

ここから本文です。

企画展「街からの伝言板 ―紡がれたことばたち―」を開催します せんだい3.11メモリアル交流館

東日本大震災の記憶と経験を継承するためのさまざまな取り組みを有機的に結び、未来や世界へとつないでいく拠点である「せんだい3.11メモリアル交流館」において、大震災から丸6年を迎えようとしている今、「大都市・仙台」が直面した当時の状況を改めて振り返り、市民の皆さんから預かった伝言をご紹介する企画展を開催します。

開催時期等

  • 会期   2017年1月17日(火曜日)から2017年2月12日(日曜日)まで
  • 会場   地下鉄東西線荒井駅舎内 せんだい3.11メモリアル交流館 2階展示室

       (仙台市若林区荒井字沓形85-4)

  • 開館時間 10時00分から17時00分まで
  • 休館日  毎週月曜日
  • 入場料  無料

内容

  1. 仙台市震災メモリアル・市民協働プロジェクト「伝える学校」のプログラムの一環として始まったヒアリング事業「街からの伝言板」をとおして中心市街地で採集した伝言をカルタ形式で紹介(イラスト制作:Kenichi Waga)
  2. 鳥瞰図絵師・中田匠氏による手描きの線画で表現した仙台市街地の鳥瞰図の展示
  3. トークイベント「インフラを繋ぎ直した人たち」の開催 

   日時:2017年2月11日(土曜日)14時00分から16時00分まで

   会場:せんだい3.11メモリアル交流館2階展示室

問い合わせ

せんだい3.11メモリアル交流館 電話 022-390-9022

「街からの伝言板 ―紡がれたことばたち―」チラシ(ダウンロード)

企画に関する詳細については、チラシをご覧ください。

「街からの伝言板 ―紡がれたことばたち―」(表面)(PDF:5,454KB)

「街からの伝言板 ―紡がれたことばたち―」(裏面)(PDF:3,070KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

まちづくり政策局防災環境都市推進室メモリアル事業担当
〒980-8671 仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階
電話:022-214-1117 ファクス:022-214-8497 メールアドレス:mac001605@city.sendai.jp