現在位置ホーム > くらしの情報 > 自然・動物・農業 > ペット・野生鳥獣・生物多様性 > 野生鳥獣対策 > ツキノワグマ対策について > 青葉区錦ケ丘付近で繰り返しクマが目撃されています。ご注意ください

更新日:2020年10月27日

ここから本文です。

青葉区錦ケ丘付近で繰り返しクマが目撃されています。ご注意ください

青葉区錦ケ丘付近でツキノワグマが繰り返し目撃されています。

今後も出没する可能性がありますので、十分ご注意ください。なお、クマを目撃した場合は決して近づかずに、すぐに市へご連絡ください。

目撃情報

  • 10月26日(月曜日)午前8時頃、錦ケ丘9丁目、1頭(体長不明)
  • 10月23日(金曜日)午後2時45分頃、錦ケ丘9丁目、3頭(いずれも体長100cm程度)
  • 10月22日(木曜日)午後8時50分頃、錦ケ丘7丁目、頭数・体長ともに不明
  • 10月22日(木曜日)午前7時頃、錦ケ丘7丁目、1頭(体長100cm程度)

クマを目撃した場合の連絡先

環境局環境共生課        (直通)214-0013

宮城総合支所まちづくり推進課  (代表)392-2111(内線5143)

※または最寄りの警察署へ110番通報してください

クマと遭遇しないために

秋になるとクマが冬眠に備えてエサを求めるため、人里近くにも出没することがあります。柿や栗はクマが特に好むため、早めに収穫しましょう。また、クマは薄暗い時間帯にエサを求めて活発に活動する特性があります。周辺にクマが出没する可能性がある場合は、早朝や夕方の薄暗い時間帯の外出はできるだけ避けてください。なお、出没場所周辺では、クマがやぶの中などに潜んでいることがあるため、近づかないでください。  

子グマを見かけた場合は、母グマが近くにいる可能性が高いので、決して近づかないでください。

クマと遭遇したら

クマに背を向けず、向き合ったままゆっくり後退します。十分な距離があればクマも落ち着きます。

クマに気付かれたら、騒がず冷静になることが大事です。ものを投げる、叫び続ける、走り回るなど、クマを興奮させるようなことは絶対にしないでください。

お問い合わせ

環境局環境共生課

仙台市青葉区二日町6-12二日町第二仮庁舎5階

電話番号:022-214-0013

ファクス:022-214-0580