現在位置ホーム > 事業者向け情報 > 建築・都市開発・災害対策 > 建築・住宅 > 都市景観・屋外広告物 > 都市景観大賞「特別賞」受賞記念ー片平キャンパスから考える杜の都の景観ー杜の都・景観シンポジウムを開催しました

更新日:2017年12月13日

ここから本文です。

都市景観大賞「特別賞」受賞記念ー片平キャンパスから考える杜の都の景観ー杜の都・景観シンポジウムを開催しました

平成29年度杜の都・景観シンポジウムを開催しました

「東北大学片平キャンパス地区」は、歴史的建造物などの保存・活用、新築建物におけるイメージ継承など、大学内での景観づくりに価値のある成果を生んでいる点などが評価され、平成29年度都市景観大賞(下記参照)「特別賞」を受賞しました。

このことを記念し、片平キャンパスの優れた景観を感じていただき、これまでの取り組みや今後の保存活用などについて考える杜の都・景観シンポジウムを開催しました。

(都市景観大賞とは)

都市景観大賞は、良好な都市景観を生み出す優れた事例を選定し、その実現に貢献した関係者を顕彰する表彰制度。まちづくりに関連する財団法人や社団法人により構成される「都市景観の日」実行委員会主催。国土交通省後援。

日時

平成29年10月28日(土曜日)

第1部13時~14時(受付12時30分~)

第2部14時~16時30分(受付13時30分~)

会場

東北大学片平キャンパス さくらホール(仙台市青葉区片平二丁目1-1)

内容

(1)第1部(定員30人)
キャンパス見学ツアー

(2)第2部

1.基調講演1「地域の資源を活かした景観づくり」
宮城大学事業構想学群教授・大館市歴史的風致維持向上協議会委員

舟引 敏明(ふなびき・としあき)氏

2.基調講演2「片平キャンパスの110年とこれから」
東北大学特任教授 東北大学キャンパスデザイン室副室長

杉山 丞(すぎやま・すすむ)氏

3.トークセッション「歴史的建物と緑が紡ぐ片平の過去・現在・未来」
コーディネーター:

舟引 敏明氏
パネリスト:
杉山 丞氏
片平地区連合町内会会長・花壇大手町町内会会長 今野 均(こんの・ひとし)氏
元片平たてもの應援團・元片平キャンパス近代建築トラストファンド代表 櫻井 久美(さくらい・くみ)氏

4.コンサート「フルートとギターのデュオ」
フルート 池田 緋沙子(いけだ・ひさこ)氏
ギター 松山 古源(まつやま・こげん)氏

添付ファイル

平成29年度杜の都・景観シンポジウム(チラシ)(PDF:3,172KB)

開催記録(基調講演・トークセッション)(PDF:1,017KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

都市整備局都市景観課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎7階

電話番号:022-214-8288

ファクス:022-214-8300