現在位置ホーム > くらしの情報 > 手続きと相談 > 国民健康保険・国民年金・後期高齢者医療制度 > 後期高齢者医療制度 > 令和元年東日本台風(台風第19号)により被害を受けた方

更新日:2020年3月24日

ここから本文です。

令和元年東日本台風(台風第19号)により被害を受けた方

令和元年東日本台風(台風第19号)により被害を受けた方で、後期高齢者医療に加入している方の、医療機関等を受診する際の一部負担金の免除及び保険料の減免については、次のとおりです。

一部負担金の免除

次の1から5のいずれかに該当する方は一部負担金が免除されます。

  1. 住家の全半壊、全半焼、床上浸水又はこれに準ずる被災をされた方
  2. 主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負われた方
  3. 主たる生計維持者の行方が不明である方
  4. 主たる生計維持者が業務を廃止、又は休止された方
  5. 主たる生計維持者が失職し、現在収入がない方 

留意事項

  • 入院・入所時の食費・居住費などは、お支払いいただく必要があります。
  • 治療用装具、柔道整復、はり・きゅう、あん摩・マッサージは、免除の対象となりません。
  • 市外、県外の医療機関等についても受診できます。

令和2年3月末まで(保険証や現金がなくても医療機関等を受診できます)

 令和2年3月末までは、医療機関にその旨を申告いただくことで、医療機関での支払いが不要となります。なお、申告された内容について、後日、宮城県後期高齢者医療広域連合から確認させていただく場合があります。

 次のリーフレットについてもご覧ください。

 保険証や現金がなくても医療機関を受診できます(PDF:1,005KB)

令和2年4月から令和2年9月末まで(保険証と一部負担金免除証明書が必要です)

 令和2年4月から令和2年9月までに一部負担金の免除を受ける場合は、医療機関を受診する際に保険証と一部負担金免除証明書の提示が必要となります。

 なお、令和元年度中に一部負担金の免除を受けていて要件に該当することがわかる場合は、3月中に一部負担金免除証明書を送付しています。要件に該当する場合で、一部負担金免除証明書が届かない場合は、お問い合わせください。

申請期限

令和2年11月30日まで

保険料の減免

下表に該当する場合は、令和元年10月12日から令和3年3月31日までに納期限が設定されている保険料が減免されます。対象となる保険料は次のとおりです。

  • 令和元年度分保険料
    令和元年度の保険料のうち令和元年10月(第4期)から令和2年3月(第9期)までに納付いただく分が減免の対象となります。保険料が特別徴収(公的年金からの差し引き)となっている方は令和元年10月・12月・令和2年2月の年金から差し引く分が減免の対象となります。
  • 令和2年度分保険料
    令和2年度の保険料のうち令和2年4月から令和2年9月までの月割保険料額が対象となります。


※所得の修正申告などにより、平成30年度以前の保険料を令和元年10月から令和3年3月までに納付いただく分は減免の対象となりません。

減免の要件 減免の割合等
主たる生計維持者が居住する住宅が全壊した場合 全部
主たる生計維持者が居住する住宅が半壊または大規模半壊した場合 2分の1
主たる生計維持者が居住する住宅が床上浸水した場合 2分の1
主たる生計維持者が死亡し又は重篤な傷病を負った場合 全部
主たる生計維持者の行方が不明である場合 全部
主たる生計維持者が事業等を廃止または失業した場合 全部

主たる生計維持者の事業収入等の減少が見込まれる場合[注]

合計所得に占める事業所得の割合及び世帯の合計所得に応じて定まっている割合
主たる生計維持者以外の被保険者本人の行方が不明である場合 全部

[注]次の1から3のすべてに該当する場合のみ減免の対象となります。

  1. 事業収入等の減少額(損害保険等により保障される金額を除く)が前年の事業収入等の金額の10分の3以上であること
  2. 前年の合計所得金額が1,000万円以下であること
  3. 減少が見込まれる事業収入等以外の前年の所得の合計額が400万円以下であること

お手続き

お住まいの区の区役所または総合支所の後期高齢者医療担当課で減免の申請をしてください。ただし、令和元年度分保険料において当該減免を受けている場合は、令和2年度分保険料について職権で減免しますので、再度の申請は不要です。

申請に必要なもの

  • 共通
    保険料納入通知書または被保険者証
  • 主たる生計維持者が居住する住宅に損害を受けた場合
    罹災証明書、被災証明書
  • 主たる生計維持者が死亡した場合
    死亡診断書、埋葬許可証、戸籍謄抄本
  • 主たる生計維持者が重篤な傷病を負った場合
    医師による診断書(1か月以上の治療を要するもの)
  • 主たる生計維持者の事業収入等の減少が見込まれる場合
    確定申告書(控)、売上台帳、給与明細書、損害保険等から支払われる金額が分かるものなど
  • 主たる生計維持者が事業等を廃止または失業した場合
    廃業届、雇用保険受給資格者証など
  • 主たる生計維持者または主たる生計維持者以外の被保険者本人の行方が不明である場合
    警察に提出した行方不明の届出の写しなど

申請期限

令和元年度相当分:令和2年10月31日まで

令和2年度相当分:令和2年12月28日まで

お問い合わせは区役所・総合支所へ

お問い合わせ、お手続きは、お住まいの区の区役所または総合支所までお願いいたします。
なお、所在地の地図などの詳細については、下のリンク先を参照してください。

区役所・総合支所の後期高齢者医療保険担当課 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

青葉区役所保険年金課
仙台市青葉区上杉1丁目5番1号
電話番号:022-225-7211(代表) ファクス:022-225-7371

青葉区宮城総合支所保険年金課
仙台市青葉区下愛子字観音堂5番地
電話番号:022-392-2111(代表) ファクス:022-392-2233

宮城野区役所保険年金課
仙台市宮城野区五輪2丁目12番35号
電話番号:022-291-2111(代表) ファクス:022-291-2240

若林区役所保険年金課
仙台市若林区保春院前丁3番地の1
電話番号:022-282-1111(代表) ファクス:022-282-1488

太白区役所保険年金課
仙台市太白区長町南3丁目1番15号
電話番号:022-247-1111(代表) ファクス:022-249-1135

太白区秋保総合支所保健福祉課
仙台市太白区秋保町長袋字大原45番地の1
電話番号:022-399-2111(代表) ファクス:022-399-2580

泉区役所保険年金課
仙台市泉区泉中央2丁目1番地の1
電話番号:022-372-3111(代表) ファクス:022-371-2918

健康福祉局保険年金課
仙台市青葉区国分町3丁目7番1号
電話番号:022-214-8171 ファクス:022-214-8195