現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2018年度(平成30年度) > 10月 > 「世界エイズデーみやぎ・せんだい2018キャンペーン」と「エイズ・梅毒即日検査会」を実施します

更新日:2018年10月31日

ここから本文です。

「世界エイズデーみやぎ・せんだい2018キャンペーン」と「エイズ・梅毒即日検査会」を実施します

12月1日は、「世界エイズデー」です

12月1日の世界エイズデーを前に、宮城県、仙台人権啓発活動地域ネットワーク協議会との共催で「世界エイズデーみやぎ・せんだい2018キャンペーン」を開催します。
伊達武将隊やセンダイガールズプロレスリング選手と一緒に、エイズに関する正しい知識について、啓発活動を行い、エイズのまん延防止および患者・感染者に対する差別・偏見の解消を図ります。また、キャンペーンに合わせて、全国的に感染報告が増えている梅毒と一緒に検査ができる予約不要の「エイズ・梅毒即日検査会」を実施します。

1 世界エイズデーみやぎ・せんだい2018キャンペーン

1.キャンペーン第1弾
(1)日時:11月10日(土曜日)正午~14時
(2)会場:JR仙台駅2階 西口ステンドグラス前付近
(3)内容:伊達武将隊によるステージイベント、啓発グッズの配布、HIV/エイズに関するパネル展示等
(4)参加者:伊達武将隊、県内大学生がつくる思春期健康教育推進サークル「宮城PEER」

2.キャンペーン第2弾
(1)日時:11月27日(火曜日)16時30分~17時30分
(2)会場:JR仙台駅構内、ペデストリアンデッキ(晴天時)
(3)内容:センダイガールズプロレスリング選手による呼びかけ、啓発グッズの配布
(4)参加者:センダイガールズプロレスリング選手

2 エイズ・梅毒即日検査会

(1)日時:12月1日(土曜日)受付時間13時~17時(所要時間は1~2時間)
(2)検査会場:青葉区役所2階(青葉区上杉1-5-1)
(3)受検方法:直接会場にお越しください。匿名で受検できます。
※正確な検査のため、感染が考えられる時点から12週以降に受けることをお勧めします

(4)検査料金:無料
(5)検査結果:陰性の場合は当日にお知らせします。(即日検査では200人に1人の割合で判定保留の結果とな     
ることがあり、その場合には、別途精度の高い検査を行います)
(6)協力機関:独立行政法人国立病院機構仙台医療センター、一般社団法人宮城県臨床検査技師会

3 取材について

(1)「世界エイズデーみやぎ・せんだい2018キャンペーン」
取材をご希望の場合は、第1弾は11月7日(水曜日)正午まで、第2弾は11月22日(木曜日)正午までに担当にご連絡ください。

(2)「エイズ・梅毒即日検査会」
検査会場設営の様子のみ取材可能です。取材をご希望の場合は、11月30日(金曜日)正午までに担当までご連絡ください。
日時:12月1日(土曜日)10時~11時
会場:青葉区役所2階
※プライバシー保護の関係上、当日11時以降の検査会場および周辺での取材はご遠慮ください。

参考

1.HIV感染者およびエイズ患者の新規報告数(平成30年は10月14日現在) 

(1)仙台市内                                   単位:人

 

平成26年

平成27年

平成28年

平成29年

平成30年

HIV感染者

6

5

9

9

4

エイズ患者

4

6

3

2

5

合計

10

11

12

11

9

 

(2)全国                                     単位:人

 

平成26年

平成27年

平成28年

平成29年

平成30年

HIV感染者

1,091

1,006

1,011

976

エイズ患者

455

428

437

413

合計

1,546

1,434

1,448

1,389

1,014

(平成30年は速報値 資料:厚生労働省エイズ発生動向委員会報告、感染症発生動向調査)

※HIV感染者は、HIVに感染したがエイズを発症していない者で、エイズ患者は、既にエイズを発症した者

2.梅毒患者の報告数(平成30年は10月14日現在)

梅毒患者の報告数                                 単位:人
 

平成26年

平成27年

平成28年

平成29年

平成30年

仙台市内

17

20

24

47

44

全国

1,661

2,690

4,575

5,820

5,365

(平成29年・30年は速報値 資料:感染症発生動向調査)

3 予防のための注意事項

エイズはヒト免疫不全ウイルス(HIV)、梅毒は梅毒トレポネーマによる感染症で、その感染原因のほとんどが性行為によるものです。
HIVは、感染者の血液・精液・膣分泌液と粘膜・傷口の濃厚な接触により感染します。
梅毒は梅毒トレポネーマによる感染症で、症状の出ている皮膚・粘膜や膣分泌液・血液等と粘膜・傷口の濃厚な接触により感染します。
予防のためには、コンドームを正しく使用することが重要です。

※エイズ・梅毒検査は、各区役所等でも実施しています。また、そのほかの性感染症検査については、ホームページをご覧ください。
エイズの相談・検査(仙台市ホームページ)

お問い合わせ

健康福祉局健康安全課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8029

ファクス:022-211-1915