更新日:2023年3月15日

ここから本文です。

症状がある方の待機期間について

このページは症状がある方の療養期間についてのページです

 無症状の方は、「症状が無い方の待機期間について」をご確認ください。

症状がある方の復帰可能な日付について(令和4年9月7日変更)

 原則として、療養解除の日について保健所から個別のお知らせは致しません。(療養解除の日について、個別に保健所から指示があった場合はそれに従ってください。)

 自覚している発症日(※1)から、以下の早見表により、通常の生活に復帰可能な日付を、ご自身で確認してください。早見表に記載されている「復帰可能日」から通常の生活に戻っていただけます。また、通常の生活に戻る際に、保健所への個別の確認は必要ありません。

(※1)発症日は、37度以上の発熱、咳・咽頭痛・鼻水・頭痛・倦怠感などの風邪症状、下痢などの消化器症状、味覚・嗅覚障害が出現し始めた日のことです。

 発症日は自覚している日付として頂き、保健所への個別の確認は不要です。

※令和4年9月7日より、症状がある方の療養期間について、発症日を起点とし10日間から7日間かつ症状軽快後72時間から24時間に変更となりました。

療養解除カレンダー(3~4月)有症状

(例)3月1日に発症した方は、3月9日から通常の生活に戻っていただけます。

 

 ただし、発症日の翌日から6日目になっても、症状が軽快しない(発熱や呼吸器症状の悪化が続いている)場合は、上記の日付よりも長く療養して頂く必要がありますので、必ずお住いの区保健福祉センター管理課へ(陽性者サポートセンターに陽性登録された方発生届出対象外の方は仙台市健康フォローアップセンターへ)ご連絡ください。

 なお、発生届出対象の方であっても、事前の連絡なく上記復帰可能日を超えて療養を行った場合、その期間については保健所からの療養の証明を行う事ができません。

 上記の復帰可能日を超えて療養を行う場合は、必ずお住いの区保健福祉センター管理課または仙台市健康フォロアップセンターへご連絡ください。

 また、発症日から10日間が経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温など自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いいたします

 上記に関わらず、発症日から7日間経過時点で、入院されている方、高齢者施設に入所されている方は、発症日から10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した場合に、11日目から復帰が可能となります。

 

(参考)療養解除の考え方

 発症日の翌日から「7日間」経過し、かつ、「症状軽快後24時間経過」した場合にその翌日から通常の生活に戻って頂けます。

 

(例)9月1日に発症した場合

9月1日発症の場合、6日目の9月7日以降解熱剤を使用せずに解熱し呼吸器症状が改善傾向ならば、7日目の9月8日が療養最終日です

 

お問い合わせ

健康福祉局感染症対策室

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎6階

電話番号:022-214-8029

ファクス:022-211-1915