更新日:2018年1月16日

ここから本文です。

コリネバクテリウム・ウルセランス感染症

コリネバクテリウム・ウルセランス感染症とは?

 ジフテリア菌(Corynebacterium diphtheriae)と同様にコリネバクテリウム属に分類されるコリネバクテリウム・ウルセランス(Corynebacterium ulcerans、以下、ウルセランス菌)という細菌によって引き起こされ、ジフテリアによく似た症状を示す感染症です。
詳しくは「コリネバクテリウム・ウルセランスに関するQ&A(厚生労働省HP)(外部サイトへリンク)」をご覧ください

人への感染経路

 当該感染症は、人、犬、猫、牛のほか、様々な動物において感染事例が確認されており、咽喉頭、肺、皮膚、乳腺などに、様々な症状を呈する動物由来感染症です。海外においては、乳房炎や関節炎に罹患した牛の生乳からの感染が主に確認されていました。最近では、ウルセランス菌に感染した犬や猫からの感染が国内外で広く確認されるようになっています。
なお、人から人への感染事例は、国内では現在まで報告がなく、国外においても、非常にまれです。

症状について

 基本的にジフテリアと類似した臨床症状を示します。呼吸器感染の場合には、初期に風邪に似た症状を示し、その後、咽頭痛、咳などとともに、扁桃や咽頭などに偽膜形成や白苔を認めることがあります。重篤な症状の場合には呼吸困難等を示し、死に至ることもあります。また、呼吸器以外(頸部リンパ節腫脹や皮膚病変)の感染例も報告されています。

治療方法は

 抗菌薬が有効であるとされています。国内においては、マクロライド系抗菌薬の使用による回復例が報告されています。

予防、注意事項

 人での国内感染事例の多くは犬や猫からの感染であることが確認されており、ウルセランス菌に感染した動物と接する場合には注意が必要です。感染した動物は、くしゃみや鼻汁などの風邪に似た症状や皮膚病を示すことがあり、動物間で感染が拡大することも報告されています。一方で、無症状の保菌動物の存在も報告されています。ただし、過度に神経質になることよりも、一般的な衛生管理として動物と触れあった後は手洗いを確実に行うことなどにより、感染のリスクを低減することが重要です
国内では、人に対する定期の予防接種の対象である3種混合(最近では4種混合)ワクチンにジフテリアトキソイド(ワクチン)が含まれています。このワクチンは、当該感染症に対しても有効であると考えられています。

当該感染症以外の動物由来感染症を予防する観点からも、

  • 動物を飼育している場合、過剰なふれあい(口移しでエサを与えたり、動物を布団に入れて寝ることなど)は控えましょう。
  • 動物に触ったら必ず手洗いをしましょう。
  • 動物の身の回りは清潔にしましょう。
  • 野生動物は、どのような病原体を保有しているかわかないため、野生動物との接触は避けましょう。

詳しくは、「動物由来感染症(厚生労働省HP)をご覧ください。(外部サイトへリンク)

その他詳しくは下記のリンクをご参照ください。

病気や予防方法は、主治医または最寄りの保健福祉センターにお問い合わせください。

青葉区保健福祉センター管理課 電話:022-225-7211
宮城野区保健福祉センター管理課 電話:022-291-2111
若林区保健福祉センター管理課 電話:022-282-1111
太白区保健福祉センター管理課 電話:022-247-1111
泉区保健福祉センター管理課 電話:022-372-3111

犬猫などの適切な飼い方等については、下記の動物管理センター(アニパル仙台)にお問い合わせください。

仙台市動物管理センター(アニパル仙台)へのリンク

お問い合わせ

健康福祉局健康安全課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎8階

電話番号:022-214-8029

ファクス:022-211-1915