現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2019年度(令和元年度) > 12月 > 仙台市地域経済動向調査の結果(令和元年7月~9月期)を公表します

更新日:2019年12月6日

ここから本文です。

仙台市地域経済動向調査の結果(令和元年7月~9月期)を公表します

このたび、「仙台市地域経済動向調査」の令和元年7月~9月期の調査結果がまとまりました。

仙台市地域経済動向調査

 仙台市の経済動向を把握し、適切かつ効果的な施策を推進するための基礎資料作成を目的として、四半期ごと(1月~3月、4月~6月、7月~9月、10月~12月)に調査を実施しています。

(1)調査方法

本調査は、下記の2つの調査で構成されています。

  • 仙台市企業経営動向調査
    経済センサスなどの統計調査結果および行政記録情報(労働保険情報、商業・登記情報等)により作成された、事業所母集団データベースの「平成29年次フレーム」から、業種や規模別に無作為に抽出した市内の1事業所1,000ケ所に対して、郵送によりアンケート調査を実施するものです。
    今期の有効回収数(有効回答率)・・・729件(72.9%)
  • 主要経済指標の動向調査
    仙台市の産業関連資料、国、県および金融機関などの経済関係資料を集約し、市内の経済活動の推移を把握するための資料として、グラフおよび一覧表を作成するものです。

(2)調査結果の要旨

 

 今期(令和元年7月~9月期)の市内事業所の業況判断DIは▲26.1で、前期(平成31年4月~令和元年6月期)の▲26.9と比べ、0.8ポイント上昇した。

前回調査時における来期見通しの業況判断DI値は▲25.3であったことを踏まえると、予想に反してほぼ横ばいとなった。

業種別に見ると、業況判断DIは宿泊・飲食サービス業及び不動産業・物品賃貸業では下降し、サービス業(法人向け・ほか)ではほぼ横ばい、これら以外の業種では上昇した。

来期の業況判断DIは、▲34.1(今期比▲8.0)と下降する見通しである。業種別に見ると、不動産業・物品賃貸業及びサービス業(個人向け)では上昇し、これら以外の業種では下降するものと見込まれる。

※DIとは
Diffusion Index(ディフュージョン・インデックス)の略で、「良い/悪い」「増加/減少」などの定性的な判断を指標として集計加工した指数です。本調査では、第一選択肢(「良い」、「増加」等)と判断した事業所の割合構成比(%)から第三選択肢(「悪い」、「減少」等)と判断した事業所の割合構成比(%)を差し引いた値を指します。

(3)調査結果の詳細等

 調査結果の詳細は別添の「仙台市地域経済動向調査報告(No.83)」をご覧ください。また、過去の報告書をご覧になりたい場合は、「地域経済動向調査報告(別ウィンドウが開きます)」をご覧ください。

仙台市地域経済動向調査報告(No.83)(PDF:3,967KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをダウンロードしてください。Adobe Readerのダウンロードページ

お問い合わせ

経済局経済企画課

仙台市青葉区国分町3-6-1表小路仮庁舎9階

電話番号:022-214-8275

ファクス:022-267-6292