更新日:2021年6月10日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症定例報告会(6月10日開催)

報告会

新型コロナウイルス感染症の市内感染状況やワクチン接種状況などに関する定例報告会を開催いたします。(原則毎週木曜日午後6時から)

 

報告内容

1.危機管理課からの報告

本日、宮城県において新型コロナウイルス感染症対策本部会議が開催され、6月14日以降の対策について決定されました。本市においても新型コロナウイルス感染症対策会議を開催したところです。改めてご報告させていただきます。

資料1 6月14日以降における県の対策等

危機管理課からの報告_資料1

現在、接待を伴う飲食店、酒類を提供する飲食店に対する時短要請については、青葉区を対象エリアとして6月14日午前5時までお願いをしているところであり、併せて宮城県・仙台市独自の緊急事態宣言、およびリバウンド防止徹底期間も6月13日まで延長しているところです。

6月14日以降の変更点の一つ目としては、現行の時短要請を終了することとなりました。ここ数日の本市の新規感染者数は1桁で推移しており、感染拡大は一定程度抑制することができていると考えられること、一方で長期にわたる時短要請による地域経済への影響等を総合的に勘案したものです。この間の皆さまのご協力に改めて感謝申し上げます。

変更点の2つ目以降です。時短要請の終了に伴い、県・市独自の緊急事態宣言は6月13日をもって解除となりますが、本市の新規感染者数は今回の感染拡大が始まる前の2月中旬頃の水準までには至っていないこと、N501Y変異株へほぼ置き換わっていること、新たな変異株の拡大も含め全国的な感染状況や緊急事態宣言の動向等が不透明であることなど予断を許さない状況であることから、感染再拡大を防ぐためリバウンド防止徹底期間は7月11日まで延長いたします。

 

なお、県民・市民の皆さまに対する感染対策の徹底等の協力要請は継続されておりますので、引き続きご協力をお願いいたします。

資料2 皆さまへのお願い(特に注意いただきたいこと)

危機管理課からの報告_資料2

今後も、皆さまに特にご注意いただきたい事項についてです。皆さまにはいま一度、こちらの感染対策の徹底に努めていただきたいと思います。

「外出・移動の際には三密を回避し、マスクの着用や手洗い等、基本的な感染対策を徹底すること」「県外との不要不急の移動、特に感染拡大地域との往来は延期・自粛すること」「飲酒を伴う大人数・長時間の会食や行事は自粛すること」「会話の際はマスクを着用するなど、飲食店が求める感染防止策に積極的に協力すること」「路上・公園等における集団での飲酒など、感染リスクの高い行動を自粛すること」。感染再拡大を防ぐためにも、引き続き皆さまのご理解ご協力をお願いいたします。

 

 

2.保健所からの報告

最近の仙台市内における感染状況についてご説明します。

資料1「【図1】仙台市新規陽性者数(診断日別)」

保健所からの報告_資料1

直近の6月8日時点における新規陽性者数の7日間移動平均は11.4人となっており、前週の12.3人から低下しました。3月から4月の感染拡大期と比較しますと低い水準ではございますが、感染拡大前の2月中旬と比較するとなお高い状況にある点には引き続き留意が必要です。

資料2「【図2】仙台市新規陽性者割合(年代別)」

保健所からの報告_資料2

20代・40代の方が感染者の約5割(47.4%)を占めていますが、これはクラスター等の発生の影響を受けまして、一部の年代に陽性者が集中したためでございます。

資料3「【図3】新型コロナウイルス変異株」

保健所からの報告_資料3

N501Y変異株(スクリーニング検査)の週ごとの陽性率は、直近の週では95.5%となっています。またL452R変異株につきましては、これまでのところ検出するには至っていない状況です。

資料4「【表1】仙台市の医療提供体制及び感染の状況」

保健所からの報告_資料4

仙台医療圏の確保病床使用率は、6月9日時点の数値ですが、入院医療21.9%、感染経路不明割合は50.1%で、国の指標にありますステージ3の指標を少し上回っている状況です。人口10万人あたりの陽性者数は前週は8.27人でしたが、直近6月8日時点では7.29人となっており低下傾向が続いております。

資料5「【表2】仙台医療圏の受入可能病床の状況」

保健所からの報告_資料5

仙台医療圏の受け入れ可能病床使用率は約6割(56.8%)、重症者病床使用率は約6割(61.5%)と改善傾向が続いているものの依然高い水準です。

資料6「【図4】仙台医療圏の受入可能病床使用率」

保健所からの報告_資料6

仙台医療圏の受け入れ可能病床使用率の推移について長期的に示したグラフです。4月当初は高い水準にありましたが、少しずつ使用率が低下する状況になっています。

資料7「クラスター事例一覧」

保健所からの報告_資料7

今月10日時点で3件と、すでに先月と同数となっており、日ごとの感染者の数自体は1桁の状況が続いておりますが、今後の動向には注意が必要だと認識しております。

 

3.新型コロナウイルスワクチン接種推進室からの報告

ワクチンの接種実績等についてご説明します。

資料1「ワクチン接種実績(65歳以上高齢者)」

新型コロナウイルスワクチン接種推進室からの報告_資料1

まず令和3年6月9日17時時点の65歳以上高齢者への接種実績でございます。前回お話ししたとおりこれから申し上げる数値は、厚生労働省が構築しました「ワクチン接種円滑化システム」(V-SYS)を通して各医療機関や集団接種会場等から報告された数値を集計したものでございます。

個別接種の接種回数はトータル56,291回で、うち1回目が54,243回、2回目が2,048回となっています。集団接種は6月12日(土曜日)からの接種開始を予定していますので、現時点での接種実績はございません。大規模接種の接種回数はトータル29,316回となっています。全てが1回目接種で2回目接種はございません。

以上を合計しますと85,607回となり、うち1回目が83,559回、2回目が2,048回となっています。

資料2「ワクチン接種実績(65歳以上高齢者)」接種方法別グラフ

新型コロナウイルスワクチン接種推進室からの報告_資料2

資料1の接種回数を個別接種、集団接種、大規模接種に分けまして、前回公表日(6月3日)と比較する形で棒グラフで表現しております。青色グラフの個別接種がプラス35,611回、赤色グラフの大規模接種がプラス12,473回とそれぞれ増えております。特に個別接種に関しましては一般の方への接種が5月31日に始まりまして、市内400カ所以上の医療機関での丸々1週間分の接種回数が上乗せされたことにより数が大きく増えております。

資料3「ワクチン接種実績(65歳以上高齢者)」接種回数別グラフ

新型コロナウイルスワクチン接種推進室からの報告_資料3

資料1の接種回数の合計を1回目接種と2回目接種に分けて、前回公表日(6月3日)と比較する形で棒グラフで表現しております。

1回目接種はプラス46,785回と大きく増えております。2回目接種は1回目接種から3週間後または4週間後に行われます。現時点で2回目接種に進むのは4月から先行して開始した特別養護老人ホーム等の高齢者施設での接種に限られますので、プラス1,299回となっています。

資料4「ワクチン接種実績(医療従事者、高齢者施設従事者)」

新型コロナウイルスワクチン接種推進室からの報告_資料4

医療従事者につきましてはトータル83,858回で、うち1回目が46,537回、2回目が37,321回となっています。高齢者施設従事者につきましてはトータル8,617回で、うち1回目が7,115回、2回目が1,502回となっています。

 

報告資料

報告資料1_危機管理課(PDF:1,445KB)

報告資料2_保健所(PDF:1,573KB)

報告資料3_新型コロナウイルスワクチン接種推進室(PDF:397KB)