更新日:2021年10月21日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症定例報告(10月21日)

報告内容

1.保健所からの報告

資料1「【図1】仙台市新規陽性者数(陽性判明日別)」

資料1「【図1】仙台市新規陽性者数(陽性判明日別)」

10月19日時点における新規陽性者数の7日間移動平均は0.7人(先週は1.4人)。感染者数ゼロの日が続いたことから、1を下回る水準まで減少しました。

資料2「【図2】仙台市新規陽性者割合(年代別)」

資料2「【図2】仙台市新規陽性者割合(年代別)」

10月11日から17日の新規陽性者の年代別割合は、前の週に比べて大きく変化しているように見えますが、感染者数が少なく感染者1人が割合に与える影響が大きいため、感染者の年代別割合に大きな変化はないと見ています。

資料3「【表1】仙台市の医療提供体制及び感染の状況」

資料3「【表1】仙台市の医療提供体制及び感染の状況」

5つの指標すべてで、国が定めた「ステージ3」を大きく下回っています。

資料4「【表2】仙台医療圏の受入可能病床の状況」

資料4「【表2】仙台医療圏の受入可能病床の状況」

仙台医療圏の受け入れ可能病床使用率について、受け入れ可能病床数68床に対し入院者数が4人、使用率5.9%です。うち重症者については受け入れ可能病床数10床に対し入院患者は1人、使用率10.0%です。

資料5「クラスター事例一覧」

資料5「クラスター事例一覧」

本日時点において、10月におけるクラスターの発生はありません。

 

2.新型コロナウイルスワクチン接種推進室からの報告

資料1「ワクチン接種状況」

1021ワクチン接種推進室資料1

令和3年10月20日17時時点のワクチン接種状況です。

全体の接種回数は、1回目が792,620回、2回目が713,727回となり、1回目の接種率は80%を超えて82.4%になり、2回目の接種率は74.2%となりました。1回目の接種率は、20代以上で70%を超え、10代でも65.0%になっています。12歳から14歳につきましては、集団接種において12歳から15歳の専用予約枠を設けるなどの取り組みにより、1回目の接種率が前週比でプラス15.3ポイントとなり、接種が大きく進みました。

 

報告資料

報告資料1(保健所)(PDF:665KB)

報告資料2(新型コロナウイルスワクチン接種推進室)(PDF:501KB)