現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2019年度(令和元年度) > 10月 > 令和元年台風第19号に伴う災害にかかる災害救助法の適用について

更新日:2019年10月13日

ここから本文です。

令和元年台風第19号に伴う災害にかかる災害救助法の適用について

令和元年台風第19号に伴う災害により、仙台市内全域において多数の者が生命または身体に危害を受け、または受けるおそれが生じており、継続的に救助を必要としていることから、災害救助法の適用を決定しました。

本市は今年4月に国から救助実施市として指定を受けており、今回は指定後初の災害救助法の適用となります。

 

1 適用年月日

10月12日から

2 適用地域

仙台市内全域

3 適用基準

災害救助法施行令第1条第1項第4号

※多数の者が生命または身体に危害を受け、または受けるおそれが生じており、内閣府で定める基準(継続的に救助を必要とすること)に該当すること

4 救助の内容

避難所の設置など

5 災害救助法について

災害直後の応急的な生活の救援などを定めた法律で、避難所設置や仮設住宅の供与、住宅の応急修理など被災者の迅速な支援を行うことができるもの。

本市は救助実施市に指定されたことにより、県からの委任によらず、自ら主体的に災害救助を行うことができるようになったもの。

 

お問い合わせ

危機管理室危機管理課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-8519

ファクス:022-214-8096