現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2018年度(平成30年度) > 1月 > 平成30年度宮城県国民保護共同実動訓練を実施します

更新日:2019年1月21日

ここから本文です。

平成30年度宮城県国民保護共同実動訓練を実施します

 仙台市では、消防庁等の政府機関、宮城県および利府町とともに、「平成30年度宮城県国民保護共同実動訓練」を実施します。

実施日時

 平成31年1月29日(火曜日)10時00分から13時00分(講評:13時45分から14時00分)

訓練実施場所

  • 訓練会場:ひとめぼれスタジアム宮城(利府町)、弘進ゴムアスリートパーク仙台(仙台市)
  • 講評会場:弘進ゴムアスリートパーク仙台

訓練想定

 ひとめぼれスタジアム宮城でサッカーの国際試合中に爆破事案が発生し、多数の負傷者が発生する。その後、JR仙台駅東口付近で爆破物が発見され、住民避難を実施する。

主な訓練項目

  • 救助救急活動等の初動対処訓練
  • 現地調整所の設置運営訓練
  • 住民避難の搬送訓練
  • 避難所の設置・運営訓練

参加機関

内閣官房,消防庁,陸上自衛隊,第二管区海上保安本部,宮城県,宮城県警察,仙台市,利府町,仙台市消防局,塩釜地区消防事務組合消防本部,石巻地区広域行政事務組合消防本部,黒川地域広域行政事務組合消防本部,大崎地域広域行政事務組合消防本部,登米市消防本部,栗原市消防本部,気仙沼・本吉地域広域行政事務組合消防本部,仙南地域広域行政事務組合消防本部,名取市消防本部,亘理地区行政事務組合消防本部,岩沼市消防本部,独立行政法人国立病院機構仙台医療センター,東北大学病院,公立刈田綜合病院,仙台市立病院,仙台赤十字病院,東北医科薬科大学病院,独立行政法人労働者健康安全機構東北労災病院,公益財団法人仙台市医療センター仙台オープン病院,大崎市民病院,登米市立登米市民病院,石巻赤十字病院,日本赤十字社宮城県支部,東日本旅客鉄道株式会社仙台支社,仙台市交通局,宮城交通株式会社,公益財団法人宮城県スポーツ協会(36機関/約700名)

お問い合わせ

危機管理局危機管理課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-8519

ファクス:022-214-8096