現在位置ホーム > 新型コロナウイルス感染症特設ページ > 重要なお知らせ > 仙台市・宮城県の新型コロナウイルス感染症対策 > 「感染防止対策の徹底」について(令和4年1月14日から1月31日まで)

更新日:2022年1月30日

ここから本文です。

「感染防止対策の徹底」について(令和4年1月14日から1月31日まで)

新型コロナウイルス感染症の新規感染者数の増加を受け、1月14日(金曜日)に宮城県において、第38回宮城県新型コロナウイルス感染症対策本部会議が開催され、同日以降の対応が決定されました。感染の拡大を防ぐため、改めて感染防止対策の徹底をお願いいたします。

感染防止対策の徹底をお願いいたします

1 県民への要請内容

  • 飲食店等を利用する際には、同一グループの同一テーブルでの5人以上の会食を避けること
  • 混雑した場所や感染リスクが高い場所への外出を自粛すること、特に、緊急事態措置区域・まん延防止等重点措置区域など感染が拡大している地域への不要不急の移動を自粛すること
    ※ブレークスルー感染を含む急速な感染拡大を考慮し、ワクチン・検査パッケージ制度の適用及び対象者全員検査の実施による行動制限の緩和は実施しない
  • 感染不安を感じる無症状の県民は、検査を受検すること
  • ワクチン接種の有無に関わらず、感染リスクの高い行動を控えるとともに、日常生活における基本的な感染防止策を徹底すること
  • 会食・食事を伴う行事では、会話の際のマスク着用を徹底すること
  • 感染対策が徹底されていない飲食店等の利用を厳に控えること(宅配・テイクアウトを除く)
  • 飲食店の求める感染防止策に積極的に協力すること

県民への要請

2 飲食店への要請内容

飲食店への要請内容(法24条第9項の要請)

  • 同一グループの同一テーブルでの5人以上の会食を避けること
    ※「選ぶ!選ばれる!!みやぎ飲食店コロナ対策認証制度」による認証の状況に関わらない要請
    ※ブレークスルー感染を含む急速な感染拡大を考慮し、認証店におけるワクチン・検査パッケージ制度の適用及び対象者全員検査の実施による行動制限の緩和は実施しない
  • カラオケ設備を提供する場合は、利用者の密の回避、こまめな換気、マイク等の消毒、歌唱中のマスク着用勧奨等、基本的な感染防止策を徹底する
  • 利用者へのマスク会食実施の周知、正当な理由なく応じない利用者の入場禁止(退場含む)
  • 従業員への検査勧奨、入場者の整理等、発熱等有症状者の入場禁止、手指の消毒設備の設置、事業所の消毒、施設の換気等
  • アクリル板の設置等、CO2センサー設置、業種別ガイドラインの遵守を徹底

飲食店への要請

3 イベント主催者等への要請内容

事前手続等

1 「大声なし」※1の「5,000人超かつ収容率50%超」で開催する場合は、「感染防止安全計画」※2を策定し、県に提出

2 1以外の場合は、主催者がチェックリストを公表
※1 「大声」:観客等が(ア)通常よりも大きな声量で、(イ)反復・継続的に声を発すること
※2 「感染防止安全計画」:大規模イベント主催者が、飛沫抑制、手洗・消毒等に係る7項目について具体的な感染防止策を記載する計画

イベント開催の要件(開催制限等)は以下のとおり(法24条第9項の要請)

イベント開催の要件

感染防止等(法24条第9項の要請)

  • 業種別ガイドラインの遵守を徹底するとともに、国の接触確認アプリ(COCOA)、みやぎお知らせコロナアプリ(MICA)の導入・名簿作成などの追跡対策を徹底すること
  • 全国的な感染拡大やイベントでのクラスターが発生し、国が業種別ガイドラインの見直しや人数上限・収容率の見直し等を行った場合には、国に準じて対応すること

4 その他の要請内容

その他の施設への要請内容

(全ての施設)

  • 業種別ガイドラインの遵守(法24条第9項)

(令11条第1項に規定するイベント関連施設や商業施設、遊興施設等)

  • カラオケ設備を提供する場合は、利用者の密の回避、こまめな換気、マイク等の消毒、歌唱中のマスク着用勧奨等、基本的な感染防止策を徹底する

事業者への要請内容

  • 在宅勤務(テレワーク)、時差出勤、自転車通勤等、人との接触機会の低減に努めること
  • 従業員等に対し、飲食を伴う懇親会等を開催する場合は、感染対策が徹底されていない飲食店等の利用を控えるとともに、感染防止対策を徹底するよう求めること
  • 休憩時間や社員寮等の集団生活の場も含めた感染防止対策を徹底すること

大学等への要請内容

  • 学生に対し、飲食を伴う行事等を開催する場合は、感染対策が徹底されていない飲食店等の利用を控えるとともに、感染防止対策を徹底するよう求めること
  • 感染防止と面接授業・遠隔授業の効果的実施等により学修機会を確保すること
  • 部活動、課外活動、学生寮における感染防止策等について学生等に注意喚起を徹底すること
  • 学校内での行事は、人と人との間隔を十分に確保する等、適切な開催方法を検討すること

その他の要請

 

お問い合わせ

危機管理局危機管理課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-8519

ファクス:022-214-8096