現在位置ホーム > 新型コロナウイルス感染症特設ページ > 事業者の皆さまへのお願い > 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた営業時間短縮の協力要請 > 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた営業時間短縮の協力要請(第11期)について

更新日:2021年8月27日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた営業時間短縮の協力要請(第11期)について

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた営業時間短縮の協力要請(第11期)について

宮城県では、新型インフルエンザ等対策特別措置法第45条第2項に基づき、仙台市内の全飲食店を対象として、以下のとおり営業時間短縮の協力要請を行います。

 

営業時間短縮の協力要請の内容

対象期間

令和3年8月27日(金曜日)から令和3年9月12日(日曜日)営業分まで

※8月27日午前0時から9月12日午後12時まで特措法第45条第2項による要請

※9月13日午前0時から9月13日午前5時まで特措法第24条第9項による協力要請

対象区域

宮城県内全域

対象施設

1. 酒類又はカラオケ設備を提供する食品衛生法上の営業許可を取得している飲食店等(酒類又はカラオケ設備の提供を取りやめる場合を除く。)

※酒類の提供には、利用者による酒類の店内持ち込みを含む。

※宅配・テイクアウトを除く。

2. 1以外の食品衛生法上の営業許可を取得している全ての飲食店(宅配・テイクアウトを除く。)

※「みやぎ飲食店コロナ対策認証制度」の認証店も要請対象。

※遊興施設・結婚式場のうち、食品衛生法の飲食店営業許可を受けている店舗は要請対象。

※ネットカフェ・マンガ喫茶等、夜間の長時間滞在を目的とした利用者が相当程度見込まれる施設は要請対象外(ただし、酒類の提供終日停止及びカラオケ設備の使用自粛をお願いします。)

※1、2の施設が要請に応じた上で宅配・テイクアウトを行う場合は協力金の対象となります。

要請内容

1 休業要請

2 午前5時から午後8時までの営業時間短縮要請

※正当な理由がなく要請に応じない場合、命令・過料あり。

その他

  • 時短要請相談窓口:022-774-7047 (受付時間 平日9時00分~17時00分)
  • 営業時間の短縮要請の期間中は、職員等が対象エリアの見回りや呼びかけ活動を行いますので、その際には、ご協力をお願いいたします。
  • 業種別のガイドラインを遵守するなど適切な感染防止対策の実施をお願いいたします。

営業時間短縮の協力要請について

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金(第11期)について

上記要請に全面的にご協力いただいた方に協力金を支給いたします。協力金の申請に関する詳細は後日お知らせいたします。

※酒類又はカラオケ設備を提供している店舗(上記の対象施設の1.に該当するもの)のうち、従前から午前5時から午後8時までの範囲で営業している飲食店は、休業した場合のみ協力金の対象となります。

※酒類又はカラオケ設備を提供していない店舗(上記の対象施設の2.に該当するもの)のうち、従前から午前5時から午後8時までの範囲で営業している飲食店は、協力金の対象外です。

支給額 ※支給額算定に用いる売上高は、消費税・地方消費税を除いた金額となります。

1 中小企業者

  • 前年度又は前々年度の一日当たり売上高が100,000円以下・・・・・・4万円/日×17日→68万円
  • 前年度又は前々年度の一日当たり売上高が100,001円~250,000円・・(1日当たり売上高の4割)×17日
  • 前年度又は前々年度の一日当たり売上高が250,001円以上・・・・・10万円/日×17日→170万円

  ※売上減少額が大きい中小企業者の方は、2の算定方法を選択することも可能です。

2 大企業

  • (前年度又は前々年度と今年度の1日当たり売上高の減少額)×4割×17日(上限340万円)

  ※但し、1日当たりの協力金の上限20万円となります。

協力金第11期

宮城県新型コロナ対策実施中ポスター

協力金の申請に当たっては、適切な感染防止対策を実施のうえ、宮城県ホームページから電子申請して取得したポスターを掲示する必要があります。ポスターは下記サイトから申請することで、ダウンロードできます。

関連リンク

宮城県ホームページ(宮城県新型コロナ対策実施中ポスター)(外部サイトへリンク)

 

お問い合わせ

危機管理局危機管理課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎2階

電話番号:022-214-8519

ファクス:022-214-8096