現在位置ホーム > 事業者向け情報 > 福祉・医療 > 福祉 > 保育施設・育児サービス > 新型コロナウイルス感染症の影響により保育料の返還等を行った認可外保育施設に助成します

更新日:2020年7月3日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の影響により保育料の返還等を行った認可外保育施設に助成します

「登園自粛等に伴う認可外保育施設助成金」のご案内

認可外保育施設において、新型コロナウイルス感染症の影響により臨時休園や保護者への登園自粛要請を行った場合について、利用者の経済的負担軽減の観点から、登園をしなかった分の保育料の返還等を行った施設に対してその費用を助成します。

助成内容

施設が対象児童の保育料の返還等を行った場合(※)に、日割り計算により算出した保育料の減額分を施設に助成 (1人あたりの上限:月額42,000円)

※「返還等」とは、下記の場合を指します。

  • 登園しなかった分の日数に応じた利用料を返還した場合(遡って返還した場合も含む)
  • 当月の利用料から登園しなかった日数に応じた額を減額した場合

対象施設

仙台市内に設置された認可外保育施設

  • 児童福祉法第58条の2の規定に基づく届出をした施設であること
  • 企業主導型保育事業、居宅訪問型保育事業を除く

対象児童

仙台市内在住で住民税課税世帯の0~2歳児(※1)で、継続的に(※2)対象施設を利用する児童
(※1)令和2年4月1日時点において3歳未満である児童
(※2)月極契約等により、月単位で利用料を徴収していること

対象経費

登園をしなかった分について返還等が行われた保育料

※食材料費、通園送迎費、行事費等は除く

対象期間

令和2年4月1日~5月31日

助成金の額(対象児童1人当たりの月額)の算出方法

次の1~3うち最も少ない額

  1. 月額保育料÷対象児童のその月における本来の利用可能日数×登園自粛や臨時休園により登園しなかった日数
  2. 施設の規定等に基づき利用者に返還等が行われた額
  3. 42,000円

申請について

申請は、次の手順に沿って施設の設置者が行ってください。

  1. 対象児童の保護者に保育料の返還等を行った上で「保育料返還等確認書兼同意書」を記載、押印していただく。
  2. 助成対象者名簿を記載し、申請額を積算する。
  3. 申請書兼請求書(様式第1号)を記載、押印する。
  4. 料金体系が確認できるものを添付し、下記提出先あてに郵送または持参にて提出する。

申請様式

登園自粛等に伴う認可外保育施設助成金交付申請書兼請求書(様式第1号)(ワード:20KB)

助成対象者名簿(エクセル:58KB)

保育料返還等確認書兼同意書(ワード:15KB)

提出先

〒980-8671 仙台市子供未来局運営支援課 指導係

申請期限

令和2年7月31日(金曜日)

お問い合わせ

子供未来局運営支援課

仙台市青葉区上杉1-5-12上杉分庁舎7階

電話番号:022-214-8179

ファクス:022-261-4427