更新日:2020年4月23日

ここから本文です。

子育てQ&A

 目次

  1. 次の子の妊娠・出産について、どうしようか悩んでいます。
  2. 妊娠5ヶ月の妊婦です。せっかく積んだキャリアだし、出産後も働き続けたいと思ってますが、仕事も育児も両方うまくいく方法はないでしょうか?
  3. 夫婦とも学生で、経済的に大変です。分娩費用が安く済む制度があれば教えて下さい。
  4. もうすぐ第2子出産予定ですが、入院中、上の子の世話を頼める人を教えて下さい。
  5. 出産したばかりですが、体調が悪く、家事や育児が大変です。核家族なのでまわりに手伝ってくれる人もいないのですが・・・。
  6. 用事があるときやリフレッシュしたいときなどにちょっとの時間子どもを預けたいのですが、そういうことはできますか?
  7. もうすぐ1歳半になるけれど、まだおしゃべりしないので心配です。
  8. 子供が病気にかかってしまい、保育所を休んでいます。熱も下がり、そろそろ仕事に行きたいのですが・・・。
  9. 赤ちゃんが産まれて「ぼく・わたしと赤ちゃんとどっちが好き?」こんな質問をされました。どうしたら良いでしょうか?
  10. 男の子と女の子の2人兄妹。お手伝いはどうしたら良いでしょうか?
  11. もうすぐ幼稚園なのに友達とうまく遊べなくて・・・。
  12. 同世代の子どもを育てている人達と知り合いたいのですがどうしたら良いでしょうか?
  13. 子育てについて相談したいのですが、外出が困難です。
  14. 身近なところに親子で遊びに行ける場所はありますか。

 Q1 次の子の妊娠・出産について、どうしようか悩んでいます。

A1

次の子の妊娠・出産については、周囲の協力が必要となってきます。夫をはじめ家族とよく話し合いをして臨みましょう。
家族計画のこと、遺伝カウンセリング等については、医療機関や各区家庭健康課又は総合支所保健福祉課でも相談に応じています。お気軽にご相談ください。

このページの先頭へ戻る

 Q2 妊娠5か月の妊婦です。せっかく積んだキャリアだし、出産後も働き続けたいと思っていますが、仕事も育児も両方うまくいく方法はないでしょうか?

A2

働いている女性は、仕事と家事のため過労になりがちです。まず妊娠中から、夫をはじめ家族の協力と、職場の理解をもらうようにすることが必要です。特に妊娠中は、早産や妊娠中毒症に注意して、少しでも不安があれば、医師に相談して無理しないようにしましょう。
産後はいつから復職するかで違いますが、働くときは働き、子どもに接している時は育児に専念するといった、気持ちの切り換えが大切です。もちろんお父さんとふたりで協力して子どもを育てながら、働いていくという共通の認識をもって、育児をすることが大事です。

このページの先頭へ戻る

 Q3 夫婦とも学生で、経済的に大変です。分娩費用が安く済む制度があれば教えて下さい。

A3

収入が少なく分娩費用の支払いが困難な場合は、無料または少ない費用で出産できる助産施設があります。

このページの先頭へ戻る

 Q4 もうすぐ第2子出産予定ですが、入院中、上の子の世話を頼める人を教えて下さい。

A4

子育て支援ショートステイ事業という制度があります。小学校修了前の児童の保護者が疾病等で子育てが一時的にできなくなったときに、児童福祉施設で一定期間(7日間まで)お子さんのお世話をいたします。
また、家庭の事情で長期に渡りお子さんを育てられないとき、児童福祉施設でお子さんを預かり養育します。
ほかにも、保育所等では、社会的にやむを得ない理由等により一時的に保育が必要な場合に、お子さんの一時預かりを行っています。(月曜日から土曜日の概ね7時30分から18時まで)
ちょっとした悩みでも、一人で悩まないで相談してみると、解決の糸口がみつかるかもしれません。

このページの先頭へ戻る

 Q5 出産したばかりですが、体調が悪く、家事や育児が大変です。核家族なのでまわりに手伝ってくれる人もいないのですが・・・。

A5

育児ヘルパー派遣事業や産後ケア事業という制度があります。
育児ヘルパー派遣事業では、出産後間もなく体調不良等のため、家事や育児が困難な家庭または小児慢性特定疾病の認定を受けている児童がいる家庭にヘルパーを派遣し、家事や育児の支援を行います。
産後ケア事業では、産後に心身の不調または育児不安がある等、支援が必要な母子を対象に、市内の産科医療機関・助産所で宿泊または日帰りで心身のケアや育児のサポートを受けられます。
詳しくは産後ケア事業のページをご覧ください。

このページの先頭へ戻る

 Q6 用事があるときやリフレッシュしたいときなどにちょっとの時間子どもを預けたいのですが、そういうことはできますか?

A6

保育所等で、育児に伴う心理的・肉体的負担を解消するため、一時的に保育が必要な場合にお子さんの一時預かりを行っているほか、のびすく(子育てふれあいプラザ等)でも、お子さんの一時預かりを行っています。
また、仙台すくすくサポート事業の会員になっておくと、協力会員の方がお子さんを預かってくれたり、保育施設の送迎などもしてくれます。
※詳細は下記リンク先をご覧ください。

このページの先頭へ戻る

 Q7 もうすぐ1歳半になるけれど、まだおしゃべりしないので心配です。

A7

子どもの発達にはかなり「個人差」がありますので、あまり心配することはありません。でも、わかっていても、やっぱり不安になることもあると思います。もうすぐ1歳6か月児健康診査ですから、その時に相談してみてはいかがですか?また、かかりつけのお医者さんや保健所にも遠慮しないでどんどん相談してみてください。

このページの先頭へ戻る

 Q8 子どもが病気にかかってしまい、保育所を休んでいます。熱も下がり、そろそろ仕事に行きたいのですが・・・。

A8

病児・病後児保育事業という制度があります。病気又は病気の回復期にあり、集団保育が困難な児童を医療機関等で預かります。

このページの先頭へ戻る

 Q9 赤ちゃんが生まれて「ぼく・わたしと赤ちゃんとどっちが好き?」こんな質問をされました。どうしたら良いでしょうか?

A9

「どっちも好き」と抱きしめてあげて。赤ちゃんが起きているときは、状況に応じ家族で役割分担をしてお話ししたり遊んだりしましょう。赤ちゃんが寝ているときは、いままで通り上の子に接しましょう。各種相談機関に相談してみるのも方法です。

このページの先頭へ戻る

 Q10 男の子と女の子の2人兄妹。お手伝いはどうしたら良いでしょうか。

A10

男の子と女の子でお手伝いの内容の区別はできるだけやめたいものです。子ども時代は肉体的な力の差はありません。何でもできるよういろいろな経験を積ませるようにしましょう。

このページの先頭へ戻る

 Q11 もうすぐ幼稚園なのに友達とうまく遊べなくて・・・。

A11

友達の輪に入っていこうとしない、知らない人が入ってくると泣くなどの人見知りは、自分を守ろうとする気持ちから生まれるものなので、心配することはありません。他人は怖くないことを経験させていきましょう。最初はお父さん・お母さんも一緒に友達と遊ぶ機会を増やし、少しずつ遊べるようにしてあげてみましょう。
逆に元気いっぱいで他の子のおもちゃを取り上げたり、ケンカしてしまうような子には、人を傷つけない、約束を守るなど最低限のルールが必要なことを根気よく話してあげましょう。ケンカの中から友達との付き合い方、謝り方を覚えていくものです。ゆっくり見守ってあげることも大切ですね。親同士の仲が良いと子供も安心して遊べるということもあるようです。親同士の会話も大切にしてくださいね。

このページの先頭へ戻る

 Q12 同世代の子どもを育てている人達と知り合いたいのですがどうしたら良いでしょうか?

A12

各区、それぞれの地域にさまざまなグループなどがあります。各区の拠点市民センターの情報コーナーには市内各地の育児グループ等の情報があります。公園などに集まる仲良しグループなどもあります。

  • 育児教室
    生後3~4か月の乳児とその保護者を対象に、保健師等による育児相談や小グループでの情報交換などを行っています。
    詳しくはお住まいの区の区役所家庭健康課又は総合支所保健福祉課
  • 子育て支援クラブ
    地域の子供の健やかな心と体を育むことを目的に活動しています。児童館・児童センターではその活動の支援をしています。
  • 市民センター
    市民センターは、各種の育児グループやサークルの学習活動、地域活動の支援を行っています。
  • 子ども会
    市内の各小学校ごと町内会ごとに子ども達が仲間づくりのための子ども会をつくっています。
  • 育児グループ
    お母さんたちが自主的に集まり、子育てについて情報交換や、いも煮会などの季節の行事を行ったりと地域のなかで交流を深める場です。詳しくはお住まいの区の区役所家庭健康課又は総合支所保健福祉課
  • 保育所等地域子育て支援センター(支援室)
    園庭や保育所内の支援室の開放、子育てに関する講習の開催など、子育て家庭を支援するための様々な取組      みを行っています。

このページの先頭へ戻る

Q13 子育てについて相談したいのですが、外出が困難です。

A13

保育士がご家庭に訪問して育児相談などの支援を行う訪問型子育て支援事業を実施している保育所がありますので,各実施保育所へご連絡ください。

このページの先頭へ戻る

Q14 身近なところに親子で遊びに行ける場所はありますか。

A14

仙台市では、小学校区を基本に児童館・児童センターを整備しています。乳幼児親子の地域の遊び場としてご利用いただけるほか、乳幼児親子を対象とした行事の開催や幼児クラブの開設、子育て相談、子育てサークル等の育成等も行っています。身近な遊び場や交流の場としてお気軽にご利用ください。

このページの先頭へ戻る

イラスト1

お問い合わせ

子供未来局総務課

仙台市青葉区上杉1-5-12上杉分庁舎8階

電話番号:022-214-8201 

ファクス:022-214-5010