現在位置ホーム > 市政情報 > 広報・広聴 > 記者発表資料 > 記者発表資料 2018年度(平成30年度) > 10月 > 「のりあい・つばめ」(燕沢地区乗合交通)の試験運行を開始します

更新日:2018年10月16日

ここから本文です。

「のりあい・つばめ」(燕沢地区乗合交通)の試験運行を開始します

試験運行開始について

本市では、今年4月に「みんなでつくろう地域交通スタート支援事業」を開始し、6月より宮城野区の燕沢地区交通検討会へ専門家を派遣する等、地域交通※1の運行へ向けた支援を行ってきました。

このたび、燕沢地区において10月22日(月曜日)から乗合交通※2(愛称:のりあい・つばめ)の試験運行を行うこととなり、運行初日に出発式を開催します。

※1 地域交通とは、通勤、通学、通院、買い物などの市民の日常生活に必要不可欠な移動手段を確保するため、既存の公共交通を補完する目的で運行する乗合タクシーやデマンド交通など。

※2 乗合交通とは、ドアツードアのタクシーではなく、路線バスのように決められた時刻・停留所で乗り降りする交通。

試験運行

  1. 期間:10月22日(月曜日)~11月16日(金曜日)
  2. 運営主体:燕沢地区交通検討会(構成団体:燕沢学区町内会連合会、燕沢地区社会福祉協議会、燕沢地域包括支援センター)
  3. 運行事業者:株式会社 仙塩タクシー
  4. 使用車両:特定大型乗用車(ジャンボタクシー定員10名)
  5. 運行ルート:燕沢コミュニティ・センターを始発・終点とし、燕沢地区と鶴ケ谷市民センターを結ぶ15カ所の停留所を周回する2ルート
  6. 運行便数:1日10便
  7. 運行日:週3日(月曜日・水曜日・金曜日)
  8. 運賃:1回200円(おとな・こども共通)

※ 運行ルート等の詳細については、のりあい・つばめの運行 燕沢地区交通検討会の取組みをご参照ください。

今後の予定

今回の試験運行について、利用実績や利用者アンケートなどから検証し、検討会において改善策の検討や運行計画の見直しを行い、次の段階の試験運行を目指します。その後も、検証や見直しを行いながら、実証運行を経て、本格運行を目指します。

出発式

日時:10月22日(月曜日)午前7時40分~午前8時10分(予定)

会場:燕沢コミュニティ・センター 多目的ホール(宮城野区燕沢東三丁目9番2号)

次第

  1. あいさつ  燕沢地区交通検討会 会長 大西憲三(おおにし・けんぞう)氏
  2. 来賓祝辞  市長
  3. 来賓紹介
  4. 概要説明
  5. テープカット(燕沢学区町内会連合会会長、燕沢地区社会福祉協議会会長、燕沢地域包括支援センター所長、市長)
  6. のりあい・つばめ 第1便出発(検討会会長と市長が乗車予定。第1便に乗り切れない場合は、同時刻にもう1台追走便を運行します)

※ 5のテープカットはコミュニティ・センターの駐車場で行います

お問い合わせ

都市整備局公共交通推進課

仙台市青葉区国分町3-7-1市役所本庁舎7階

電話番号:022-214-8359

ファクス:022-211-0017